Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

変数 - パラメーター タイプ

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

変数 - パラメーター タイプ

MetaBot ロジック は、その他の TaskBot またはロジック(同じ MetaBot の)で使用できます。そのため、Bot の実行中に、特定の変数パラメーターを別の TaskBot または MetaBot ロジックに渡すことができます。

このため、変数を使用してパラメーター タイプを定義し、それをオートメーションの [Input] パラメーターまたは [Output] パラメーターとして追加できます。

パラメーター タイプは、[変数マネージャー] > [追加/編集] から追加したり、更新したりできます。

パラメーター タイプ

MetaBot ロジックでは、すべての変数型に対して、[なし][入力][出力][入出力]4 種類のパラメーターを定義できます。

  1. [なし] - 変数の値を目的の MetaBot ロジックのみで使用する場合は、変数を [なし] として定義します。このような変数の値は、別の TaskBot または MetaBot ロジック に渡すことはできません。その値は、ロジックの実行中にのみ読み取ることができます。
  2. [入力] - 同じ MetaBotTaskBot または MetaBot Logic からの値を変数で受け入れる場合は、変数のパラメーターのタイプを [入力] として定義します。オートメーションでは、他の値や変数を [入力] パラメーターとして割り当てることもできます。
  3. [出力] - 変数の値を目的の MetaBot ロジックの出力として使用し、別の TaskBot または MetaBot ロジックに [出力] パラメーターとして渡す場合は、変数のパラメーターのタイプを [出力] として定義します。
  4. [入出力] - 変数の値を目的の MetaBot ロジックの入力と出力の両方として使用し、別の TaskBot または MetaBot ロジックに渡す場合は、変数のパラメーターのタイプを [入出力] として定義します。オートメーションでは、値や変数を [Input] パラメーターとして、変数を [Output] パラメーターとして割り当てることができます。
フィードバックを送る