Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot を Control Room にアップロード

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

MetaBotControl Room にアップロード

MetaBotControl Room にアップロードできます。MetaBot ライセンスを持つ任意の数の Bot Creator Client が、オートメーション タスク内でそれらの MetaBot をダウンロードしたり統合したりできます。

  1. [マイ MetaBot リスト] で、アップロードする MetaBot を選択 (強調表示) します。
  2. 次のいずれかの方法を使用して、MetaBot をアップロードします。
  • [アクション] ボタンのドロップダウン リストから [アップロード] を選択します。

  • MetaBot を右クリックし、[アップロード] を選択します。

  • マネージャーでリポジトリに移動して MetaBot を選択し、[アップロード] をクリックします。

    ヒント: MetaBot の Client で、MetaBot が閉じていることを確認します。また、アップロードする際に、その MetaBotMetaBot開いている唯一の MetaBot である場合は、MetaBot の Client を終了する必要があります。

MetaBot のアップロード (バージョン管理が有効な場合)

バージョン管理が有効な場合は、[編集] オプションの使用後に、Control Room リポジトリに MetaBot をコメント付きでアップロードできます。

  1. [マイ MetaBot リスト] で、編集およびアップロードする MetaBot を選択 (強調表示) します。
  2. 次のいずれかの方法を使用して、MetaBot を編集します。
  • [アクション] ボタンのドロップダウン リストから [アップロード] を選択します。

  • MetaBot を右クリックして、[アップロード] を選択します。

  • [アップロードのコメント] ウィンドウが開きます。

  • コメントを入力して [保存] をクリックします。これで MetaBotControl Room にアップロードされます。

複数の MetaBot をアップロード

  1. [管理] > [リポジトリ] の順に移動します。
  2. [Client リポジトリ] リストで、[マイ MetaBot] フォルダーを選択します。
  3. 複数の MetaBot を選択します (必要に応じて Ctrl キーまたは Shift キーを使用します)。
  4. [アップロード] ボタンをクリックします。
  5. [ファイルのアップロード] ウィンドウで、アップロードが [許可] になっている MetaBot が選択されています。必要に応じて、アップロードしない MetaBot の選択を解除してください。

    ヒント: プレフィックス付きのアイコンや記号が表示されていない場合は、アップロードが成功しています。これにより、Client はバージョン履歴を参照ポイントとして使用できます。
    注: [許可されていません] とマークされた MetaBot はアップロードできません。その理由は、「備考」欄に記されています。
  6. [コメントをアップロード] を追加し、[アップロード] をクリックします。これらのコメントは、アップロードされたすべての MetaBot に適用されます。

名前を変更した MetaBot をアップロード

Control Room リポジトリ内にすでに存在しており、ファイル システムを使って名前を変更した MetaBot は、Control Room リポジトリに再アップロードできません。Clientからこのような MetaBot をアップロードしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

名前変更した MetaBotリポジトリからアップロードすると、次のメッセージが表示されます。

  • MetaBot が 1 つの場合:

  • 複数の MetaBot の場合:

アップロードするには、元の名前に戻す必要があります。

フィードバックを送る