Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot の名前の変更

  • 更新済み: 7/20/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

MetaBot の名前の変更

既存の MetaBot の名前を変更できます。

MetaBotの名前を変更するには、以下の手順に従います。

  1. Client の [Automate] タブにある [My MetaBot] リストで、名前を変更する MetaBot を選択 (ハイライト) します。
  2. 次のいずれかの方法を使用して、MetaBot の名前を変更します。
    • [ファイル] メニューで [名前を変更] を選択します。
    • [アクション] ボタンで、ドロップダウン リストから [名前を変更] を選択します。
    • MetaBot を右クリックして、[名前を変更] を選択します。
      ヒント: MetaBot Designer で MetaBot が閉じていることを確認します。また、名前を変更する際に、その MetaBotMetaBot Designer で開いている唯一の MetaBot である場合には、MetaBot Designer を終了する必要があります。
  3. [ファイル名を変更] ウィンドウで、MetaBot の名前を指定します。

  4. [保存] をクリックします。

名前を変更した MetaBot が [マイ MetaBot] リスト ビューに表示されます。

既存の MetaBot の名前を変更

MetaBot の名前を変更するには、それがローカル マシンにのみ存在しており、Control Room にまだアップロードされていないことが必要です。MetaBotControl Room に存在する場合、他の TaskBot で使用されている可能性があるため、MetaBotの名前を変更できません。このようなときに名前を変更すると、その他の TaskBot に影響が及ぶ恐れがあります。

Control Room にすでに存在する MetaBot の名前を Client で変更しようとすると、システムはエラー メッセージを表示します。

ヒント: ファイル システムから MetaBot の名前を変更することは推奨されません。

ファイル システムから名前を変更した MetaBot は、Control Room のリポジトリに再びアップロードできません。Client からこのような MetaBot をアップロードしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

名前変更した MetaBotリポジトリからアップロードすると、次のメッセージが表示されます。

  • MetaBot が 1 つの場合:

  • 複数の MetaBot の場合:

アップロードするには、元の名前に戻す必要があります。

バージョン管理が有効な場合の MetaBot の名前の変更

名前を変更できる MetaBot は、ローカル リポジトリ内のものに限られます。MetaBot の名前を変更してリポジトリにアップロードすると、リポジトリ内の既存の MetaBot が上書きされ、バージョン履歴が失われます。

ファイルが編集のためにチェックアウトされている場合、MetaBotControl Room で使用可能になっており、TaskBot に影響を与える可能性があるため、その名前は変更できないというメッセージが表示されます。

ファイル システムから名前が変更された MetaBot をアップロードしようとすると、MetaBot のバージョン履歴が失われ、ファイル システムから切り離されるというメッセージが表示されます。

フィードバックを送る