Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot を削除する

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

MetaBot を削除する

場合によっては、既存の MetaBot を削除する必要があります。

ヒント: ファイル システムから MetaBot を削除することは推奨されません。

MetaBot を削除するには、次の手順に従います。

  1. [マイ MetaBot] リストで、削除する MetaBot を選択 (強調表示) します。
  2. 以下のいずれかの方法で MetaBot を削除します。
    • 編集メニューで [削除] を選択します。
    • [アクション] ボタンで、ドロップダウン リストから [削除] を選択します。
    • MetaBot を右クリックし、[削除] を選択します。

      ヒント: MetaBot Designer で MetaBot が閉じていることを確認します。また、対応する MetaBotMetaBot Designer 内で開かれている唯一の MetaBot である場合は、削除するときに MetaBot Designer を終了する必要があります。
  3. [MetaBot を削除しますか] ウィンドウで、[はい] をクリックします。

MetaBot が [マイ MetaBot] リスト ビューから削除されます。

注: 削除された MetaBot を Client で復元することはできません。MetaBot を削除する前に、この MetaBot が不要であることを確認します。
注: MetaBot をバックアップするベスト プラクティスとして、すべての MetaBotControl Room リポジトリにコピーしておくことをお勧めします。

バージョン管理が有効な状態で MetaBot を削除

バージョン管理が有効になっている場合は、Client から MetaBot を削除するとき、確認メッセージに加えて、ローカルでのみ削除されることが通知されます。

注: Control Room リポジトリから MetaBot を削除するには、リポジトリの該当するフォルダーから選択する必要があります。

MetaBot がチェック アウトされているときは、削除できません。

フィードバックを送る