Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークベンチと ロジック を作成

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ワークベンチと ロジック を作成

AA_MetaBot Designer アクセス権限を持つユーザーは、Automation Anywhere ワークベンチを使用して、シンプルで管理しやすい、独立したナビゲーション フローを作成し、これを他のオートメーション TaskBotMetaBot ロジック と統合することができます。

ロジック は、事前定義されたアプリケーションのユース ケースであり、スクリーン、コマンド、DLL を使用して Bot 内の自動化されたワークフローを管理するものです。

ワークベンチとロジック

ワークベンチ のコンポーネントの一部を列挙します。

  • 新規: 新しい MetaBot ロジックの作成に使用します。
  • 記録: スマート レコーダースクリーン レコーダー、または Web レコーダーを選択して開きます。
  • 実行: ワークベンチの編集モードでロジックを実行します。
  • 保存: 新規のロジックまたは編集されたロジックを保存します。
    注: [実行]、[保存]、[編集] は、アクションまたはコマンドが設定されると有効になります。
  • エラー ビュー Bot ロジックで発生したエラーを管理します。これらを管理するには、[エラーを処理] コマンドを使用します。
  • 変数マネージャー: ロジックで変数を追加して編集します。.
  • これは、インテグレーションへのサンプル CBL リンクです: 統合
フィードバックを送る