Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot Designer について理解する

  • 更新済み: 9/28/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

MetaBot Designer について理解する

適切に設計された MetaBot は、Master Bot のすべてのコンポーネントと機能を効率的に信頼性の高い方法で再利用する上で重要になります。

MetaBot Designer の機能

  • 既存の MetaBot でフォルダーを指定します。
  • GUI を使用せずにアプリケーションの低レベルの操作を作成するために DLL を追加します。
  • シンプルで独立性を保った、機能的な ロジック ブロックを作成します。
  • さらに、MetaBot を作成して Control Room にアップロードし、自動タスクで MetaBot を利用または再利用するためのリポジトリを作成します。

詳細については、Automation Anywhere University: RPA Certification Courses (A-People login required) の「オートメーション ビルディング ブロックの作成が再利用を可能にし、プロセスを最適化することをご存知ですか?」のコースを検索してください。

デコードされた MetaBot Designer

MetaBot Designer のワーク スペースでは、同時に複数の MetaBot とともに取り組めます。タブ形式のまま MetaBot を開き続けることで、異なる MetaBot と独自に取り組めます。

MetaBot を作成すると、デフォルトでアセットタブに移動します。そこで新規のアセット (スクリーンまたは DLL) を追加することから開始できます。

アセットについて理解する

次は、アセットビューで選択可能なオプションに関する説明です。

MetaBot タブ
MetaBot が固有のタブで開きます。このタブは、特定の MetaBot のアセットとロジック専用のタブです。
アセット タブ
このタブが強調表示されている場合は、ビューが [アセット] として開いていることを示します。これには、その特定の MetaBot に固有のスクリーン、DLL、フォルダーがすべて表示されます。デフォルトでは、新しい MetaBot 用に選択されています。
フォルダーを追加*
MetaBot は、フォルダーを使用して整理できます。これにより、これからアップロードするか、アップロード済みのすべてのスクリーンと DLL を簡単に管理できます。
画面を追加*
この機能を使用して、アプリケーションの 1 つのスクリーンをキャプチャします。この機能を使用する前には、アプリケーション画面を起動させます。また、アプリケーションが閉じている場合、必要なアプリケーションを開くよう求めるプロンプトが表示されます。
注: MetaBot ロジック は、アプリケーションを特定するためにスクリーン タイトル値で参照されるよう更新されました。コマンド タイトルは使用されなくなりました。スクリーン タイトル値を使用するためコマンド タイトルに参照される既存の ロジック は、更新する必要があります。

OCR を使用して MetaBot に画面を追加するための詳細については、OCR を使用してスクリーンを追加 をご覧ください。

スクリーンを記録
関連するアプリケーションや Web ページの複数のスクリーンを一度にキャプチャする必要がある場合は、[スクリーンを記録]を使用します。
ヒント:
  • [スクリーンを記録] を使用すると、ワークフロー モードでアプリケーションとやり取りしている間、すべてのスクリーンと UI 要素 (メニュー項目、ポップアップ、コンテキスト メニューなど) が記録されます。これらの UI 要素は、[スクリーンを追加]ではキャプチャされません。
  • 1 つのアプリケーションに複数の exe ファイルがある場合は、それぞれに別の MetaBot を作成する必要があります。
  • * スクリーンが低解像度 (例: 1024 x 768) に設定されている場合、[フォルダーを追加][スクリーンを追加] オプションは [編集] メニューからアクセスできます。
DLL を追加
MetaBot 内でアプリケーション プログラミング インターフェース (DLL) を使用する必要がある場合は、[DLL を追加] を使用して MetaBot に追加できます。ただし、DLL 名に特殊文字を含めることはできません。「ワークベンチと ロジック を作成」をご覧ください。
注: 画面、DLL、フォルダーは、追加された順に表示されます。
設定
記録または追加したスクリーンのオブジェクト プロパティを編集するのに使用します。ここでは、'スクリーン名' や 'スクリーン タイトル' などに別名を指定できます。また、オブジェクトを選択して、名前、パス、値、ID、クラス、インデックス、状態などのプロパティと、タスクの実行時に使用する再生モードを定義できます。これらのプロパティの一部は、再生中のオブジェクトの一意的な識別に役立ちます。このように、[設定] を使用することでオートメーションの信頼性を向上できます。「オブジェクトのプロパティ設定」を参照してください。
比較
アプリケーションは、ライフサイクルの間に機能の改善や新機能によって継続的に更新される可能性があるため、キャプチャした画面とそのオブジェクトのプロパティを、アプリケーションを更新するたびに見直す必要があります。MetaBot Designer では、[比較] を使用して既存のスクリーンと新しいスクリーンを簡単に比較し、変化したものを特定できます。詳しくは、「スクリーンを比較」をご覧ください。
アップロード
MetaBot は、Control Room にアップロードできます。これは、同僚の MetaBot デザイナーが各自のタスクに必要な MetaBot を取得できる一元的なライブラリとして機能します。MetaBot 権限を持つユーザーは、MetaBot をサーバーにアップロードして導入できます。「MetaBot のアップロードに関する考慮事項」を参照してください。
削除:

不要になった MetaBot を削除するのに使用します。

注: MetaBot Designer から MetaBot を削除しても、Control Room からは削除されません。

ロジックを理解する

目的のアセットをキャプチャしたら、それらのアセットを使用してロジックを作成します。

ロジックとは、アプリケーションのナビゲーション フローの一部を表す、独立性を保った機能的な機能ユニットで、必要に応じてオートメーション タスクに統合できます。

アセット (スクリーンや DLL) を使用して、ロジック ブロックを設計できます。その後、ロジックControl Room にアップロードできます。 ロジックブロックは、適切な MetaBot 権限を持つ他の Bot と共有し、再利用することができます。

次は、ロジック ビューで使用可能なオプションに関する説明です。

MetaBot タブ
MetaBot が固有のタブで開きます。このタブは、特定の MetaBot のアセットとロジック専用のタブです。
ロジック タブ
このタブが強調表示されている場合、ビューが [ロジック] として開いていることを示します。これには、特定の MetaBot に固有のロジック ブロックとフォルダーがすべて表示されます。
フォルダーを追加
アセットと類似しており、たとえばフォルダーに似た機能であるロジック ブロックを追加できます。
ロジックを追加
ロジック エディターでナビゲーション フローを作成するために使用します。「ワークベンチと ロジック を作成」 をご覧ください。
ロジックを記録
ロジック フローを記録し、スクリーンをアセットに自動的に保存するために使用します。「ロジックを記録」 をご覧ください。
編集
既存のナビゲーション フローを編集するために使用します。
アップロード
新規または編集されたロジックを Control Room に公開 (アップロード) するのに使用します。「MetaBot のアップロードに関する考慮事項」 をご覧ください。
削除
古いロジックの削除に使用します。
注: ロジックやフォルダーは、追加された順に表示されます。
フィードバックを送る