Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot 使用ガイド

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

MetaBot 使用ガイド

このガイドを見直して、異なる目標や目的を果たすために再利用可能な MetaBot を作成してください。

MetaBot の理解

MetaBot を創造するにあたり、重要な MetaBot 概念を理解する必要があります。MetaBot Designer、そのオプションと操作について学習し、データの交換方法および MetaBot から ロジック への転送方法を理解します。

MetaBot の作成を開始する前に、次のトピックを確認します。

MetaBot の推奨事項:

Bot 開発者は、タスクをキャプチャして保存した後、再利用可能な MetaBot を作成するためのナビゲーション ロジックを開発します。MetaBot を作成するための推奨事項を確認してください。

目標
目的を達成するための MetaBot の目標を特定する: MetaBot が新規バージョンのアプリケーションのキャリブレーションや、再使用可能な設計図の作成に使用するかどうかを確認します。目標は目的に応じて異なるので、MetaBot の再利用のレベルとタイプを特定することが重要です。
所有権
MetaBot を開発して管理する所有権は、MetaBot に対して設定する目標およびコンポーネントによって異なります。
変更:
MetaBot を更新する頻度と目的は、その機能を組み立てる上で重要です。MetaBot 管理を向上させるには、MetaBot の単一インスタンスまたは単一ファミリー内で MetaBot タイプと頻度を組み合わせます。
アセットの分類
MetaBot にアセット (DLL、画面、ロジックなど) を含める場合、機能と動作がテストされていることを確認します。選択する前に、依存関係が削除されていることを確認します。
開発
次の手順に従って MetaBot の開発とデバッギングを行います。
  • MetaBot ロジックを作成する前に、すべてのスクリーンキャプチャを完了します。
  • すべてのユーザーの MetaBot をコピーしないでください。
  • MetaBot をテンプレートとして使用しないでください。
  • .mbot ファイルをコピー、貼り付け、名前の変更、変更しないでください。
  • 使用中の MetaBot を実行しないでください。
サイズ設定
MetaBot のサイズ設定は、そのポータビリティ、ユーザビリティ、管理、パフォーマンスに影響を与えます。
  • 統合メトリック
    • アセット
      • 統合メトリック
      • テキストや画像などの画面コンテンツ タイプ
      • 画面および DLL の数
    • コントロール
      • ボタン、コンボ ボックス、テーブルなどのコントロール タイプ
      • 静的または動的などのコントロール デザイン
      • コントロールの数
    • 複雑さ
      • 単一ロジックで使用されるコントロールの数
      • 1 つの画面に対して開発されたロジックの数
      • ロジック内の固有の複雑性
    • サイズ: MetaBot の組み合わせサイズ (MB)
      • Apache FlexJava、および Microsoft Silverlight を使用する場合、サイズがさらに大きくなることがあります。

      • HTML および Microsoft Active Access (MSAA) では、同じ数のアセットのサイズが小さくなる可能性があります。
    • サイズ設定のガイドライン 下表の情報を確認します。
      物理サイズ アセット数 コントロール数 ロジック ロジックの複雑さ 例:
      最大 5 MB 1 ~ 5 画面/DLL 5~15 1 ~ 5 ロジック シンプル (100 行/ロジック) アプリケーションにログイン、ファイル処理
      最大 40 MB 5 ~ 25 画面/DLL 15 ~ 30 10 ロジック 低 (150 ~ 170 行/ロジック) 単一の SAP 画面
      最大 100 MB 25 ~ 50 画面/DLL 30 ~ 50 25 ロジック 高 (約 200 行/ロジック) 複数の Oracle アプリケーション画面
      • 複雑さに基づいて含めるアセットまたはロジックの数を制限または限定します。
      • 最適なパフォーマンスを得るため、MetaBot のサイズは 100 MB 以下にしてください。
      • 大きな MetaBot ロジック ファイルの代わりに、小さいモジュラー ロジック ファイルを使用します。
運用ガイド
問題が発生した場合は、バージョン ベースのファイルを保存するため、および機能のために VCS を使用して、以前のバージョンにロールバックします。MetaBot を 10.x から 11.x に移行するには、移行前および移行後の関連アクティビティに従います。
  • Enterprise Client 環境は、移行前および移行後に同一である必要があります。
  • 依存関係のあるすべての Bot またはファイルが準備完了であることを確認し、MetaBot に追加します。
  • 移行前後の MetaBot の動作を検証します。
  • 必要なすべてのプラグインが正しくインストールされ、有効になっていることを確認します。
フィードバックを送る