Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise Clientを使用した MetaBot Designer の操作

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Enterprise Clientを使用した MetaBot Designer の操作

MetaBot Designer は Enterprise Client に付属しています。Automation Anywhere 管理者は、Master Bot Designer を有効にするよう適切なライセンスとパッケージングを設定します。

Enterprise Client からMetaBot Designer にアクセスします。

MetaBot Designer の起動

Enterprise Client のセットアップが正常にインストールされると、[自動化] タブの下にある製品にこの機能が追加されます。

MetaBot をクリックして、MetaBot Designer を起動します。

Enterprise ClientMetaBot Designer を学ぶ

MetaBot Designer について理解する

MetaBot Designer では、次の機能にアクセスできます。

  • 新規 - 新規のMetaBot を作成する場合に使用します。この方法で作成される MetaBot はアセットやロジックを含まず、空となっています。MetaBot の作成目的に応じて、[画面を記録]、[画面を追加]、または [DLL を追加] をクリックして開始します。

    ヒント: MetaBot は、[マイ MetaBot] フォルダー内のアプリケーション パスに保存されます。
  • 記録 - 記録は、MetaBot を作成するもう 1 つの方法です。ここでは、1 つ以上の MetaBot が記録対象として表示されます。
  • [マイ MetaBot] – このタブはデフォルトで表示され、すべての MetaBot を表示します。このタブは、デフォルトで常に開いています。
    注: 選択したそれぞれの MetaBot は、個別のタブで開きます。
  • 設定 - 記録されたスクリーンまたは追加されたスクリーンのアプリケーション プロパティを編集する場合に使用します。

    オブジェクトのプロパティ設定

  • 比較 - 既存のスクリーンと新しいスクリーンを簡単に比較して、変化を確認する場合に使用します。

    スクリーンを比較

  • [アップロード] - 他の MetaBot ユーザーがダウンロードできるようにするには、これを使用して MetaBotControl Room にアップロードします。

    MetaBot のアップロードに関する考慮事項

  • [削除] - MetaBot、スクリーン、および DLL を削除する場合に使用します。
  • [エクスポート]/[インポート] - Control Room の各種セットアップで使用される MetaBot をエクスポートしたり、インポートしたりする場合に使用します。
フィードバックを送る