Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot の概要

  • 更新済み: 8/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

MetaBot の概要

MetaBot は再利用性が高く、一度作成すれば他のすべての Bot で使用できます。MetaBot を企業全体で共有することも、Bot Store にアップロードして Automation Anywhere コミュニティ全体で利用できるようにすることもできます。

適切なロール、権限、ライセンスの組み合わせを持つユーザーは、MetaBot を作成、保存、共有できます。クリエイターとコンシューマーの両方として、Bot 開発者は企業内の他の Bot 開発者が再利用できるように MetaBot を作成したり、Bot StoreMetaBot をアップロードすることで Automation Anywhere コミュニティ全体で MetaBot を共有したりします。

MetaBot を使用して、画面をキャプチャし、そのキャプチャ画面にアクションを実行することができます。画面上の各オブジェクトを個別にキャプチャする必要はありません。オブジェクト クローニング コマンド (キャプチャ中にターゲット アプリケーションが開いている場合にのみ機能) とは異なり、MetaBot では、ウィンドウまたはアプリケーションを開いたままにしてアクションを実行する必要はありません。MetaBot による自動化では、アクティブなアプリケーションにアクセスする必要がありません。MetaBot を使用すると、オブジェクト クローニング では行えないカスタム オブジェクトの作成または定義も行えるようになります。

MetaBot を使用する理由は?

  • オートメーション ロジック を使用したアプリケーション、DLL、コマンドの再利用性の高い独立したオートメーション設計図を作成します。
  • MetaBot ライブラリを利用して組織全体の自動化を迅速に標準化します。
  • 体系的で迅速な自動化による投資収益率 (ROI) を確保します。
  • 複雑なオートメーション タスクによくあるナビゲーション エラーが解消されます。
  • ライブ アプリケーションへのアクセスを必要とせずに自動化します。
  • MetaBot で使用される新しいバージョンのアプリケーションを調整して互換性を確保できます。

MetaBot で使用するアセットと ロジック について知っておくべきこと

Bot 開発者は、アセットをキャプチャして保存した後、再利用可能な MetaBot を生成するためのナビゲーション ロジックを開発します。
アセット
アプリケーション画面と DLL は、Bot 開発者がターゲット アプリケーションのユース ケースの定義と事前設定に使用する [アセット] を構成します。MetaBot アセットの詳細については、ここを参照してください。
ロジック
ロジック は、TaskBot または MetaBot 内のコンポーネント、コマンド、関数、DLL を囲むナビゲーションワークフローです。ロジックワークベンチ から作成、編集、保存されます。MetaBot ロジック の詳細については、ここを参照してください。

保護された MetaBot 行動

保護された MetaBot は、Bot 開発者の所有権を保護するよう設計されています。次のリストには、MetaBot Designer または MetaBotワークベンチ で保護された MetaBot を使用した場合の取り組み方が示されています。
  • 保護された MetaBot を開くことはできますが、保護された MetaBot にはユーザーメッセージのみが表示されます。
  • アセット タブ: ユーザーはアクションを実行できません。すべてのアクション ボタンが無効になっています。
  • ロジック タブ: [編集] は、有効になっている唯一のアクション ボタンです。
  • MetaBot ワークベンチ で開いている ロジック には、新しいコンテンツや変数を追加できません。
    注: ユーザーは、既存の変数とその値を表示して編集できます。
  • ユーザーは、ワークベンチ から保護されている MetaBot を [保存] して [実行] できます。
  • 実行時に MetaBot ロジック は表示されません。
フィードバックを送る