Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

OCR を使用してスクリーンを追加

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

OCR を使用してスクリーンを追加

OCR エンジンを使用して、MetaBot にスクリーンを追加できます。

OCR を使用して MetaBot にスクリーンを追加するには、次の手順に従います。

手順

  1. MetaBot Designer で [画面追加] をクリックします。
    [スクリーンを開く] ウィンドウが開きます。
    ヒント: [スクリーンを追加] が表示されない場合は、MetaBot Designer ウィンドウを展開します。
  2. キャプチャ タイプとして [OCR] を選択します。
    このオプションを使用すると、Citrix や RDP などのアプリケーションで公開されているアプリケーション イメージからオブジェクトをキャプチャできます。OCR でスクリーンをキャプチャする場合、スクリーンの [DPI][標準] または [100%] に設定されていることを確認してください。

    選択可能な OCR エンジンは、ABBYY、MODI、TESSERACT、TOCR です。「OCR コマンド」をご覧ください。

    Version 11.3.2ABBYY は Enterprise Client バージョン 11.3.2 のデフォルトの OCR エンジンです。「Automation Anywhere に ABBYY を設定する」をご覧ください。

    注: これらのオプションを使用できるのは、スクリーンを作成するときだけです。スクリーンを記録するときは使用できません。
  3. スクリーンをクリックして追加します。
    スクリーンのサムネイルは、アセットとして追加されたときに表示されます。

次のステップ

すべての MetaBot には、アセットを有効にするためのロジックが必要です。親タスク内の次のステップは MetaBot 用に ロジック を作成 です基本的な MetaBot の作成
フィードバックを送る