Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

サイレント インストールのレスポンス ファイルの作成

  • 更新済み: 5/29/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

サイレント インストールのレスポンス ファイルの作成

Enterprise Client サイレント インストールに使用する応答ファイルを作成します。この応答ファイルは、Enterprise クライアントを手動でインストールする場合にユーザーが応える応答の記録です。

32 ビット 版と 64 ビット 版のオペレーティング システムに対応するレスポンス ファイルを個別に作成するには、以下の手順に従ってください。

手順

  1. Automation Anywhere[セットアップ] でマシンにログインし、Enterprise Client インストーラーを見つけます。
    D:Data\Setup\Setup\Automation_Anywhere_Enterprise_Client_<version>.exe
  2. Windows コマンドから Enterprise Client インストーラーを /r オプション付きで実行します。

    setup.iss がデフォルトで C:\\Windows フォルダーに作成されるため、管理者モードでコマンド プロンプトを実行します。

    D:Data\Setup\Setup>Automation_Anywhere_Enterprise_Client_<version>.exe /r

    注: Version 11.3.2サイレント インストールで認識/適用されるのは、[プログラムのインストール準備完了] ウィザードで選択した言語だけです。後で選択された言語は適用されません。
  3. Automation Anywhere Enterprise Client <version> インストール ウィザードの手順に従います。「Enterprise Client をインストール」をご覧ください。

    /r オプションは、インストール ウィザードで選択したパラメーターをレスポンス ファイルとして記録します。

  4. レスポンス ファイル setup.iss を見つけます。
    C:\Windows\setup.iss
  5. setup.iss をコピーし、Automation_Anywhere_Enterprise_Client_<version>.exe の場所に貼り付けます。
    注: setup.iss ファイルの名前は変更しないでください。

次のステップ

レスポンス ファイルを使用してサイレント インストールするには、サイレント インストールのレスポンス ファイル を参照してください。
フィードバックを送る