Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise Client インストール ウィザード チェックリスト

  • 更新済み: 8/21/2019
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

Enterprise Client インストール ウィザード チェックリスト

Enterprise Client インストーラー ウィザードを実行している際に、フィールドとオプションのリストに応える準備をします。

ウィザード フィールドまたはプロンプト 決定オプション
インストーラーの起動前:

Enterprise Client バージョンを互換性を確認します。

Enterprise Client バージョンが バージョン11.3 以前の場合はアンインストールします。
再頒布可能エレメントをインストール:

Visual C++

Microsoft .NET Framework

いずれか、または両方を承諾または除外します。
フォルダーを選択:

デフォルト: C:\Program Files [x86]\Automation Anywhere\Enterprise\

デフォルトを承諾または新しい宛先フォルダーを作成します。
言語を選択:

これは、Enterprise Client ユーザー インターフェースに使用される言語です。

デフォルト: 英語

言語オプションから選択します。
  • 英語
  • 日本語
  • 韓国語
Automation Anywhereプラグインをインストール:
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Java
1 つ以上を承諾または除外します。
Control Room URL を指定:

これは Control Room に接続するための URL です。

Control Room URL

または

アクセス マネージャー リバース プロキシ URL

ランタイム フォルダーを選択:

デフォルト: C:\Users\Public\Documents\Automation Anywhere Client Files

場所のオプションから選択:
  • パブリック ドキュメント
  • プログラム データ

Enterprise Client 証明書パスを指定:

これは、アクセス マネージャー リバース プロキシに使用されます。

デフォルト: 空白

Enterprise Client 証明書へのパスを入力します。
フィードバックを送る