Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

エラー ビューの使用

  • 更新済み: 6/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

エラー ビューの使用

Automation Anywhere のタスク エディターには、タスク エラーを表示して修正するオプションと、タスク変数を操作するオプションがあります。

[エラー ビュー][変数マネージャー] を有効化するには、以下のリンクをクリックします。

この画像には、エラー ビューと変数マネージャーのリンクが表示されます。

エラー ビュー

[エラー ビュー] は、タスクで発生したエラーを管理するために使用します。エラー処理 機能を使用している場合、このビューは自動的に更新されます。

エラー処理 コマンドを表示するサンプル タスク

フィードバックを送る