Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

コンボ ボックスで [選択された項目を取得] アクション

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

コンボ ボックスで [選択された項目を取得] アクション

コンボ ボックスを用いて オブジェクト クローニング コマンドで [選択された項目を取得] アクションが動作しない場合は、そのアクションを実行するための回避策を使用します。

開始前

回避策を実行する前に、アプリケーションが最大化モードで開いていることを確認してください。

[選択された項目を取得] アクションを実行するためのアプリケーションに最適な回避策を選択します。
注: 次の回避策は、特定のタイプのコンボ ボックスに対応します。

回避策 1: [記録] オプションの使用

選択した項目をコンボ ボックスから取得するには、次の手順を実行します。

  1. [スマート レコーダー] オプションを使用して、コンボ ボックスのキャプチャを記録します。
    注: 記録するときは、コンボ ボックスを展開および折りたたむ際にコンボ ボックスの項目をクリックしないようにして、記録を停止します。
  2. 2 番目のコマンドの 検索条件を編集して、名前プロパティとプロパティをクリアし、インデックス プロパティを選択します。
  3. コンボ ボックス内で選択した項目の [プロパティを取得] オプションを使用して、名前を入手し、これを変数に格納し、メッセージ ボックスを使用して表示します。

回避策 2: オブジェクト クローニング コマンドの使用

選択した項目をコンボ ボックスから直接取得するには、次の手順を実行します。
  1. コンボ ボックスから取得する項目を選択し、オブジェクト クローニング コマンドを使用して、選択した項目をキャプチャします。
  2. 名前プロパティとプロパティをクリアし、検索条件からインデックスプロパティを選択します。
  3. コンボ ボックス内で選択した項目の [プロパティを取得] オプションを使用して、名前を入手し、これを変数に格納し、メッセージ ボックスを使用して表示します。
フィードバックを送る