Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot パッケージを作成

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot パッケージを作成

Automation Anywhere Enterprise Client の依存関係を使用して Bot または デジタルワーカー の Zip パッケージを作成する使用体験を向上させ、エンド ユーザーに Bot または デジタルワーカー を公開するため、Bot Store に送信します。

前提条件

パッキングするする必要がある デジタルワーカー または BotMaster Bot ファイルが、[Bot Store] > [<Digital Worker>] > [マイ タスク] フォルダーに格納されていることを確認します。「Bot Store デジタルワーカー と Bot を整理」をご覧ください。

Zip パッケージを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [タスク] > [Bot Store] > [<Digital Worker>] > [マイ タスク] のサブフォルダーに移動します。
  2. Master Bot ファイル (.atmx ファイル) を右クリックし、 [Zip を作成] を選択します。
    また、[アクション] メニューの [Zip を作成] を選択することもできます。「タスクを操作」をご覧ください。
    • 選択したタスクに依存関係がない場合は、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。ステップ 4 に進みます。
    • 選択したタスクに依存関係がある場合は、[Zip を作成] ダイアログ ボックス、ならびに選択した Master Bot ファイルのすべての依存関係にある MetaBot および タスク ファイルが表示されます。
      注: 選択したタスクの依存関係が無効な場合は、[備考] 列に例外が表示されます。Zip ファイルを正常に作成するには、これらの依存関係に関する問題を解決する必要があります。
  3. [Zip を作成] をクリックします。
    [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. Zip ファイルの保存場所を指定します。
    注: デフォルトでは、Zip ファイルの名前は デジタルワーカー と同じものになっています。必要に応じて、名前を変更します。
  5. [開く] をクリックして Zip ファイルにアクセスします。
    Zip ファイルには、マニフェスト ファイル、Readme ファイル (.pdf)、ならびに次の 3 つのフォルダーがあります。存在しない場合は自動的に作成される、入力フォルダー、エラー フォルダー、マイ MetaBot フォルダー。「デジタルワーカー パッケージング」をご覧ください。
    注: Bot Store Bot またはデジタルワーカーの Zip パッケージを作成している間、デフォルトの BotName-VendorName-Readme.pdf を Zip パッケージでエクスポートする必要があります。
    • ReadMe.pdf は、デジタルワーカーのルート フォルダーでは使用できません。
    • タスクに手動依存として追加されません。

次のステップ

Zip パッケージが正常に作成されると、Bot StoreBot 送信 を使用して、Bot Store に送信できるようになります。「Bot Store に投稿」をご覧ください。
フィードバックを送る