Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

スケジュール マネージャーの使用

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

スケジュール マネージャーの使用

スケジュール マネージャーを使用して、すべてのタスク スケジュールを表示、追加、編集できます。

Automation Anywhere のスケジュール マネージャーは、ユーザーのタスクに設定されたすべてのタスク スケジュールを表示する便利な機能です。

Version 11.3.4Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーは、Enterprise Client を使用したスケジュールの作成、編集、削除のいずれもできなくなりました。同じユーザーまたは同じマシンの別のユーザーによってすでにスケジュールされている TaskBot は、以前に定義されたスケジュールに基づいて引き続き実行されます。

Version 11.3.4さらに、[ツール] > [スケジュール マネージャー] オプションは表示されず、[管理] > [スケジュール] オプションは Attended Bot Runner ライセンスではアクセスできません。

タスク スケジュールを表示

タスク スケジュールを表示するには、次のいずれかの方法でスケジュール マネージャーを起動します。

  • Automation Anywhere のメイン ウィンドウの左下にある [Schedule Manager] タブをクリックします。
  • または、メニュー バーの [ツール] > [スケジュール マネージャー] の順にクリックします。
注: アップグレード後にスケジュールが表示されないですか。「Excel コマンド タスクのトラブルシューティング」を参照してください。

タスク スケジュールの作成、編集、削除

スケジュール マネージャーのタブを使用して、すべてのタスク スケジュールを管理できます。

  • [日付と時刻] タブ
  • [システム] タブ

日付と時刻のスケジュール

[日付と時刻] タブでは、[曜日]、[週]、[月] のタブを使用して、スケジュール設定済みタスクを操作できます。

次のビューを使用して、スケジュール設定済みのタスクを追加、編集、削除できます。

  • 曜日: [曜日] ビューには、個々のスケジュール設定済みタスクの時刻と説明が表示されます。スケジュール設定済みタスクを追加、編集、削除できます。タスクを毎日実行するか、さらに頻繁に実行する必要がある場合は、このタブを使用します。
  • 週: [週] ビューには、その週にスケジュール設定されたタスクの日付と時刻、説明が表示されます。タスクを毎週実行するようにスケジュール設定する場合は、このオプションを使用します。
  • 月: [月] ビューには、その月にスケジュール設定されたタスクの日付と説明が表示されます。タスクを実行する頻度を月単位でスケジュールできる場合は、このオプションを使用します。
  • 日付範囲: 左側の [日付を選択] セクションで、開始日の上でマウス ボタンをクリックしたまま終了日までドラッグして範囲をハイライト表示することで、スケジュール設定済みタスクの日付範囲を指定できます。[月] ビューが自動的に開き、その日付範囲のスケジュール設定済みタスクが表示されます。スケジュールの追加、編集、削除

    次のさまざまなオプションを使用して、Client マシン上のタスク スケジュールを追加、編集、削除できます。

    • 毎日 (毎日、平日のみ、2 日ごとなど)
    • 毎週 (月曜日など週の特定の日)
    • 毎月 (1 月 1 日、10 月 5 日など月の特定の日)
    • 一度のみ

    スケジュールを追加するには、[追加] をクリックし、必要なオプションを選択して、[保存] をクリックします。

    スケジュールを編集するには、スケジュールを選択して [編集] をクリックします。または、ダブルクリックまたは右クリックして [編集] を選択します。スケジュールを 削除 および 追加 するアクションも含まれます。

システム コマンドのスケジュール

[システム] タブを使用すると、トリガーなどのシステム イベントに基づいて実行されるようにスケジュール設定されたタスクが表示されます。

このビューを使用して、実行の開始にトリガーを使用するタスクのスケジュールを追加、編集、削除できます。

[タスクのスケジュールを設定] プルダウンメニューから、次のシステム トリガーが利用可能です。

  • マイ コンピューターの起動時
  • ログオン時

システム イベントのスケジュールを追加するには、[追加] をクリックし、必要なオプションを選択して、[保存] します。

スケジュールを編集するには、スケジュールを選択して [編集] をクリックします。または、ダブルクリックまたは右クリックし、[編集] を選択します。スケジュールを 削除 および 追加 するアクションも含まれます。

タスク スケジュールのフィルター表示の変更

スケジュール マネージャー の [システム] タブの一番右側にある [フィルターを変更] をクリックすることで、スケジュール設定済みタスクの表示を変更できます。

表示するタスクを選択するには、次のいずれかのアクションを実行します。

  • 必要なファイルまたはフォルダーを参照し、タスクを選択します。
  • 複数のタスクを選択するには、Ctrl キーを押したまま選択します。
  • [すべて] を選択すると、システムでスケジュール設定済みのタスクがすべて表示されます。
フィードバックを送る