Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot、ワークフロー、依存関係のアップロードおよびダウンロード

  • 更新済み: 2/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot、ワークフロー、依存関係のアップロードおよびダウンロード

Enterprise Client を使用して、関連する依存関係を持つ TaskBotMaster BotMetaBot、ワークフローをリポジトリに手動でアップロード、ならびにここからダウンロードします。

Enterprise Client アップロードダウンロード機能を使用して、依存関係を持つ TaskBotMetaBotIQ Bot、ならびに関連する依存ファイルが実行時間中に含まれていることを確認します。

Version 11.3.4バージョン 11.3.4 以降では、Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーが Enterprise Client にログインすると、Enterprise Client は最新の TaskBotControl Room と関連する依存関係を自動的にダウンロードします。さらに、親タスクオプションを使用すると、実行時に親の TaskBot および関連付けられた依存関係を自動的に更新するため、Attended Bot Runner ライセンスを使用することができます。TaskBot を自動更新」をご覧ください。

注: バージョン11.3 以降でバージョン管理が有効な場合、タスクや依存関係の自動的なアップロードとダウンロードが可能になります。

アップロードまたはダウンロード機能にアクセスするには、ファイルを選択して右クリック、あるいはファイルを選択してメニューの [アップロード] または [ダウンロード] をクリックします。

依存ファイルを含む TaskBotAutomation Anywhere Control Room リポジトリにアップロードまたはダウンロードする場合、[CSV にエクスポート] オプションを使用して、依存ファイルのリストを CSV 形式でエクスポートします。

注: Version 11.3.4バージョン 11.3.4 から、[CSV にエクスポート] オプションを使用すると、依存ファイルの相対パスも CSV ファイルに含められます。
次の依存関係を持つファイル タイプのリストは、Enterprise Clientのアップロードまたはダウンロード機能を使用すると自動的に含まれます。
ATMX - Automation Anywhere タスク ファイル PDF - ポータブル ドキュメント フォーマット
BMP - ビットマップ PKX - Rational XDE (IBM)
CSV - カンマ区切り値 PNG - ポータブル ネットワーク グラフィックス
DOC - Microsoft Word ドキュメント TXT - テキスト
DOCX - Microsoft Word オープン XML XLS - Microsoft Excel ファイル
EXE - 実行可能ファイル XLSX - Microsoft Excel オープン XML スプレッドシート
JPEG - ジョイント フォトグラフィック エクスパーツ グループ XML - エクステンシブル マークアップ ランゲージ
MDB - Microsoft Access データベース

VCS 有効時にアップロードおよびダウンロード

バージョン管理サービス (VCS) が有効なときに、Bot や、その他の TaskBotMetaBotIQ Bot などの関連する依存関係、ならびにその他の関連する依存関係をアップロードまたはダウンロードします。これにより、依存関係を個別にアップロードする必要がなくなり、TaskBotControl Room にアップロードおよびダウンロードするプロセスが簡単になります。

  • Master Bot をアップロードするには、ファイルをチェックアウトする必要があります。

  • すべての Bot には、どのユーザーが Bot をアップロードしたとしても、一意の名前が必要です。
  • タスク依存関係スキャナーおよび アップロード - 保留中の変更またはファイル は、新規、チェックアウト済み、アップロード可能なファイルで動作します。
  • VCS が有効な場合は、すべてのタスクと依存関係をダウンロードできます。

アップロードおよびダウンロードの失敗に関する注釈

Bot または依存関係がアップロードまたはダウンロードできない場合は、注釈列に失敗の理由が表示されます。

無効なファイル形式
Automation Anywhere ではサポートされていないファイル形式です。
ファイルが見つかりません。
TaskBot で使用されているアプリケーションへのファイル パスが解決できません。
ライセンスなし
正しいロールまたはライセンス構成を持たないユーザーは、関連するすべての依存関係の Bot をダウンロードまたはアップロードできません。
パスワードで保護された Bot
パスワードで保護されている Bot は、アップロードまたはダウンロードできません。
不十分なフォルダー権限
ユーザーには、Bot をアップロードまたはダウンロードしようとする特定のフォルダーで必要なアクセス許可がありません。
繰り返し依存関係
依存関係を持つ Bot に、Bot と同じファイルの間でサイクルの競合性が存在する可能性があります。
変数で表されるパス
ファイルまたはフォルダー パスで指定された変数が、ファイルやフォルダーを選択、開く、保存する際に $AAAApplicationPath$ と一致しません。
ローカルで名前変更した MetaBot
ユーザーが MetaBot のローカル コピーの名前を変更し、関連付けられている TaskBot で使用中の MetaBot 名と一致しなくなります。
同名のファイルがすでに存在します。
VCS が有効な場合に、ユーザーがリポジトリ内にすでに存在するファイルをアップロードしようとします。
ファイルがサーバー管理者によって強制的にロック解除
VCS が有効な場合に、管理者がロック解除したファイルをリポジトリにアップロードすることはできません。
フィードバックを送る