Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アップロード - 保留中の変更またはファイル

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

アップロード - 保留中の変更またはファイル

Control Room でバージョン管理が有効になっている場合、特定のフォルダーへのアクセス権限を持つ Bot Creator は、さまざまなオプションを使用して、フォルダー内のファイルをサーバーにアップロードできます。

保留中の変更をアップロード

タスク リスト、ワークフロー、およびレポートのフォルダーからファイルをアップロードするには、[保留中の変更をアップロード] オプションを使用します。これらのフォルダーとサブフォルダーには、アップロードが保留されている新規のファイルまたはチェックアウトされたファイルが含まれています。

  1. アップロードを行うには、コンテキスト メニューから [保留中の変更をアップロード] を選択します。

    保留中の変更をアップロードウィンドウを見るとわかるように、マーク付きのものを除くすべてのファイルは、デフォルトのアップロードが有効です。

    ただし、アイコンを表示している 画像のあるファイル は、次のいずれとしても選択されていません。

    • リポジトリ内に同じ名前のファイルがある。
    • このファイルは、ユーザーがアクセス権限を持っていないフォルダーの部分です。
    • ファイルが Bot Creator によってチェックアウトされていない
    • ファイルがサーバー管理者によって強制的にロック解除されている。
  2. アップロードするファイルを選択します。
  3. 必要なコメントをアップロードのコメントに入力して、[アップロード] をクリックします。これらのコメントは、アップロードされたすべてのファイルに適用されます。
    注: アップロード中に障害が発生した場合は、操作がキャンセルされます。

    アップロードが完了すると、リストビューにチェックインのステータスが反映されます。

ファイルをアップロード

  1. [アップロード] ボタンをクリックします。
  2. [ファイルのアップロード] ウィンドウで、「許可されている」ファイルが選択されていることを確認します。アップロードする必要がないファイルを選択解除します。
  3. アップロードに関するコメントを追加して、[アップロード] をクリックします。これらのコメントは、アップロードされるすべてのファイルに適用されます。

ファイルのステータスおよびアクション <update>

次の表は、ファイルのステータスと、そのステータスに対してアクションが許可されるかを示しています。

ステータスの説明 ファイルのステータス アクション
ファイルが Client によってチェックアウトされている場合。 チェックアウト 許可される
ファイルが別の Client によってチェックアウトされている場合、またはサーバー管理者によって強制的にロック解除されている場合。 ロック済み 許可されない
ファイルが新規で、サーバー リポジトリ内に存在していない場合。 新規 許可される
ファイルが新規で、サーバー リポジトリ内に存在している場合。 重複 許可されない
ファイルが新規で、フォルダーへのアクセス権限がない場合。 新規 許可されない
フィードバックを送る