Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

実行するタスクをスケジュール設定

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

実行するタスクをスケジュール設定

自動タスクの作成後、スケジュールまたはトリガーされたイベントに応じて、そのタスクを実行するスケジュールを設定できます。

[サンプル タスク] > [ファイル名] > [スケジュール] > [タスクを開始] > [スケジュールを選択してください] の順に選択します。

Notes:

Version 11.3.4Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーは、Enterprise Client を使用したスケジュールの作成、編集、削除のいずれもできなくなりました。同じユーザーまたは同じマシンの別のユーザーによってすでにスケジュールされている TaskBot は、以前に定義されたスケジュールに基づいて引き続き実行されます。

Enterprise Edition 10.0 および 10.1 では、Bot Creator (タスク作成権限を持つ Client ユーザー) がタスクをテスト実行するときに使用できるスケジュール オプションは 「一度のみ」 だけです。ただし、Enterprise Edition 10.2 以上を使用している場合、Bot Runner (実行時間権限を持つ Client ユーザー) がタスクをスケジュールするときに、各種のオプションを引き続き使用できます。「Bot Creator または Bot Runner のタスクをスケジュール設定」を参照してください。

タスクをスケジュール設定

Automation Anywhere には、スケジューラーおよびスケジュール マネージャーが用意されています。これらを使用することで、必要に応じてタスクを随時実行できます。

スケジューラーを使用してタスクをスケジュール設定

Automation Anywhere のスケジューラーは、時間ベースのスケジュール設定機能を備えています。特定の日、週、月にタスクを実行するようにスケジュール設定できます。

スケジューラーの詳細は、「スケジュール」をご覧ください。

スケジュール マネージャーを使用してタスク スケジュールを表示

スケジュール マネージャーを使用すると、作成したタスクのスケジュールを表示、追加、編集できます。

スケジュール マネージャーの詳細は、「スケジュール マネージャーの使用」をご覧ください。

トリガーを使用してタスクをスケジュール設定

タスクをトリガー イベントに基づいて実行するには、Automation Anywhere のメイン ウィンドウで [トリガー] タブを使用します。

実行するタスクをトリガーできるイベントには、次の例があります。

  • 新しいウィンドウを開く
  • 特定のファイルを作成
  • ファイルを削除
  • 特定の受信ボックスで E メールを受信

トリガーの使用の詳細は、「トリガー マネージャー の使用」をご覧ください。

自動ログインを使用してタスクをスケジュール設定

実行するタスクをスケジュールする際に、自動ログイン オプションを有効にすることができます。

  1. [ツール] > [オプション] > [自動ログイン] の順に選択します。
  2. [タスク実行時にコンピューターに自動でログインする] のチェックボックスを選択します。これにより、自動ログインをすべてのタスクに適用できます。
  3. タスクを選択して、[スケジュール] タブに移動します。
  4. 必須パラメーターを入力して、[保存] をクリックします。
  5. [タスクをスケジュール] ウィンドウにユーザー名とパスワードを入力します。[保存] をクリックします。必要に応じて、[タスクをスケジュールして実行するには上記の認証を使用する] または [自動ログインを有効にする] をクリックします。

詳細は「実行するタスクをスケジュール設定」をご覧ください。

  • 自動ログインを無効にするには、[ツール] > [オプション] の順にクリックします。自動ログイン オプションで、[タスク実行時にコンピューターに自動でログインする] チェックボックスをオフにします。
  • タスクの実行時にエラーが発生した場合、Automation Anywhere は、別のタスクが処理を待機しているかどうかにかかわらず、コンピューターを前の状態に戻します。
注: 自動ログイン機能を使用するタスクでは、インタラクティブ コマンド (ユーザーに対して入力を求めるプロンプトを表示するコマンド) を使用しないでください。

法的免責事項を無視の有効化 *

この機能は、[タスク実行時にコンピューターに自動でログインする] オプションがオンになっている場合に使用できます。セキュリティ対策と自動ログインを回避する必要がある場合は、[法的免責事項を無視] を有効にします。

重要: この機能を有効にする場合は、細心の注意が必要です。この機能を使用する責任はユーザーのみが負うものとし、Automation Anywhere は、この機能の誤用に対する責任、またはこの機能を使用した結果に対する責任を負わないものとします。
フィードバックを送る