Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot Creator または Bot Runner のタスクをスケジュール設定

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot Creator または Bot Runner のタスクをスケジュール設定

Automation Anywhere のスケジューラーを使用することで、開発 Client は、自動タスクを設定時刻に実行するようスケジュール設定できます。指示や介入は不要です。

Version 11.3.4Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーは、Enterprise Client を使用したスケジュールの作成、編集、削除のいずれもできなくなりました。同じユーザーまたは同じマシンの別のユーザーによってすでにスケジュールされている TaskBot は、以前に定義されたスケジュールに基づいて引き続き実行されます。

Version 11.3.4さらに、[スケジュール] タブは、Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーには表示されません。

タスク作成権限を持つ Bot Creator — Client ユーザーと実行時間権限を持つ Bot Runner — Client ユーザーは、タスクをテスト実行するときに [一度のみ] スケジュール オプションしか選択できないに注意することが重要です。ただし、Enterprise Edition 10.2 を使用している場合、Bot Runner は、タスクのスケジュールを設定するときに、各種のオプションを引き続き使用できます。

スケジュールされたタスクを Bot Runner 上で実行するには、Control Room 管理者が、Control Room のタスク スケジュール コンソールを使用して、スケジュールを作成する必要があります。

注: ログイン設定オプションで Windows ログイン認証をすでに保存している場合、スケジューラーは資格情報の再入力をプロンプトしません。

タスクをスケジュール設定

A. Bot Creators: 「開発」権限を持つ Client は、次のとおりに、自動タスクの実行スケジュールオプションとして「一度のみ」を指定できます。

  1. スケジュールするタスクを選択します。
  2. [スケジュール] タブをクリックします。

  3. ドロップダウンから [一度のみ] オプションを選択します。

  4. 日時に関するスケジュール設定情報を設定します。

  5. 保存をクリックします。
  6. Windows のユーザー名とパスワードを入力します。

B. Bot Runners: 「実行時」権限のみを持つ Client は、タスクをスケジュールするときに、各種オプションを使用して、次の実行頻度を設定できます。

  • 毎日 (毎日、平日のみ、2 日ごとなど)
  • 毎週 (月曜日など週の特定の日)
  • 毎月 (1 月 1 日、10 月 5 日など月の特定の日)
  • 一度のみ
  • マイ コンピューターの起動時
  • コンピューターへのログオン時
  • コンピューターがアイドル状態のとき
    注: 再起動を使用しないで、マシンを シャットダウン してから起動 する場合は、最初に、[コントロール パネル][電源オプション] 設定で [高速スタートアップ] オプションを無効にすることが重要です。
    たとえば、Microsoft Windows 8、8.1、または 10 を使用している場合は、次の手順に従います。
    1. [コントロール パネル][電源オプション] に移動します。
    2. [電源ボタンの動作を選択][現在利用可能ではない設定を変更] の順にクリックします。
    3. [高速スタートアップを有効にする] オプションを無効にします。

      詳細については、Microsoft の Web サイトを参照してください。

    注: ログイン設定オプションで Windows ログイン認証をすでに保存している場合、スケジューラーは資格情報の再入力をプロンプトしません。

スケジュール設定されたタスクを実行するときにコンピューターのロックを解除する方法については、「自動ログイン」をご覧ください。

注: アップグレード後にスケジュールが表示されませんか? 詳細については、トラブルシューティングの「Excel コマンド タスクのトラブルシューティング」セクションを参照してください。
フィードバックを送る