Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスクの実行

  • 更新済み: 6/26/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

タスクの実行

自動プロセスをテストするには、タスクを実行します。

TaskBot を実行

TaskBot の実行が開始されると、実行時間ウィンドウが表示されます。TaskBot に関連する以下の情報があります。
  • 選択済みで現在実行中のタスク。
  • 実行中のアクション。
  • タスクの行番号。
タスクを手動で実行するには、次の手順に従います:
  1. Enterprise Client から、実行するタスクを選択します。
  2. 次のいずれかの方法を使用して、タスクを実行します:
    1. [実行] をクリックします。
    2. [ファイル メニュー] をクリックし [実行] を選択します。
    3. [アクション] をクリックして、リストから [実行] を選択します。
    4. タスクを右クリックして、[実行] を選択します。
ヒント: [ツール] > [オプション] > [ビュー] メニューで [実行時間表示] のオプションが選択されていない場合は、実行時間ウィンドウが非表示になります。

タスクの一時停止と停止

タスクの実行をいつでも一時停止および停止させます。

一時停止
タスクを一時停止するには、実行時間ウィンドウの [一時停止] ボタンを押します。
停止
タスクを停止しても、そのプロセスが突然終了するわけではありません。実行時間ウィンドウに「中断」メッセージが表示され、進行中の手順があれば、その手順が完了されます。タスクの実行を停止するには、次のいずれかの方法を使用します。
  1. [停止] ボタンを使用します。
  2. キーボードで Esc キーを押します。
注: ホットキーを変更し、別のキーを使用して、実行中のタスクを停止することもできます。
フィードバックを送る