Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Java 設定

  • 更新済み: 4/16/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

Java 設定

Java 設定オプションについて説明します。

前提条件

Java プラグインはプラグイン設定からインストールできます。

注: Java プラグンをインストールし、JRE の設定を構成できるように、Automation Anywhere を管理モードで起動します。
ヒント: カスタマイズした JRE で、[Java 設定のみを構成] を使用します。
Java を設定します。

手順

  1. Enterprise Client を終了し、再起動します。
    Enterprise Client が管理者モードで起動していることを確認 (右クリック し、 管理者として実行 を選択) します。Enterprise Client と Java アプリケーションが同じモードで開きます。
  2. Java デスクトップまたは Web アプリケーションを起動します。
    注: Java デスクトップ アプリケーションの場合は、コマンドラインを使用して外部的に、32 ビットまたは 64 ビットで Java デスクトップ アプリケーションを起動します。
  3. Java 設定で、[プログラム ファイル] → [Java] の順に移動して JRE を参照します。
    32 ビットまたは 64 ビットの JRE を選択します。
    注: ツールの Java 設定が 32 ビットの場合、Java アプリケーションが 32 ビットの JRE を使用していることを確認します。Java アプリケーションが 64 ビットの JRE を使用している場合、ツールの Java は 64 ビットでなければなりません。
  4. [OK] をクリックします。
    複数の (異なるバージョンの JRE を使用する) Java アプリケーションを自動化するには、以下の手順に従います。

次のステップ

Java デスクトップ アプリケーション
Java アプリケーションの記録を開始します。(Client のコマンドエディターで Java アクセシビリティ を確認します)。
再生テスト
すべての設定が正しければ、再生されます。
注: Java テストの実行可能ファイルを作成し、新しいマシンで実行します。使用できない JRE 設定があるとプレイヤーによって通知され、必要なファイルの追加を許可するように要求されます。はい と反応すると、必要なファイルが Java\JRE*\lib\EXTJava\JRE*\bin に挿入されます。これで、テストは 失敗または停止します。EXE をもう一度再生します。
フィードバックを送る