Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Web レコーダー コマンドによる Web のみのタスクを編集

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Web レコーダー コマンドによる Web のみのタスクを編集

ワークベンチでは、Web レコーダーを使用して記録された既存のオートメーション タスクを編集および修正できます。

ワークベンチを起動する際は、Web レコーダーの下に一覧表示されているコマンドを追加できます。

Web レコーダー コマンドでは、次の操作が実行できます。

Web レコーダーのオートメーション タスクには、次のアクションを追加できます。

1. ブラウザ セッションを開くおよび閉じる

  • ブラウザを開く: オートメーション タスクによって開く Web サイトの URL を指定して、その Web サイトへのアクションを実行できます。ほとんどの Web サイト オートメーション プロセスでは、ブラウザを開くコマンドを最初にタスクに追加し、その後にコントロールを管理するコマンドを追加します。
  • ブラウザを閉じる: ブラウザを開く コマンドを使用して開かれたブラウザ セッションを閉じます。

2. Web コントロールを管理する

[Web コントロールを管理] コマンドを使用すると、Web ページ上のコントロールを選択して操作することができます。

たとえば、リンクやチェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウン メニュー、その他のオブジェクトに対するアクションを挿入できます。

[Web コントロールを管理] コマンドの使用方法は次のとおりです:

  1. [Web サイトの URL/ページを指定] で、[新しい URL を開く] または [ページを選択] を選択します。

    「ページを選択」を指定した場合は、開いているページのタイトル (html ページ) をリストから選択する必要があります。
    ヒント: ウィンドウが開いていても表示されていない場合は、[更新] をクリックします。
  2. キャプチャ ボタンをクリックして、黄色いプロンプトの指示に従って Web コントロールを選択し、取得します。そのコントロールの詳細が表示されます。
  3. その他のオプションを追加する場合は、[詳細表示] ボタンをクリックします。
    • コントロール名 / コントロール ID: Web コントロールの名前または ID を使って Web コントロールを検索できます。
    • キャプション: テキストボックスで入力または選択したキャプション名に基づいて、Web コントロールを検索できます。たとえば、"今すぐ購入"というタイトルのキャプションを含むメニュー オブジェクトを記録する場合、タスクの実行時にこの Web コントロールを使って Web ページ内でこのキャプションを検索できます。
    • コントロール インデックス: Web コントロールのインデックス番号に基づいて、Web コントロールを検索できます。このインデックスは Web ページの記録中に保存されます。
    • 属性: Web ページの記録中に保存されるタグ属性に基づいて、Web コントロールを検索できます。検索対象の Web ページのタグ属性を選択し、その値を指定できます。

      タグ属性は、必要に応じて追加または削除できます。

      ヒント: 最初のオプションに「キャプション別に検索」、次に「属性別に検索」、その次に「インデックス別に検索」を使用します。
  4. 「ページ タイトル」と「ページ URL」を有効化または無効化することで、Internet Explorer の既存のウィンドウで実行するか新規ウィンドウで実行するかを指定できます。
    注: デフォルトでは両方とも有効になっており、タスクは Internet Explorer の既存のウィンドウで実行されます。
  5. タスク実行時のアクションを指定します。
    ヒント:

    テキストを設定アクションおよびテキストを追加アクションを使用する際には変数を使用することもできます。テキストを暗号化する必要がある場合は、F2 ファンクション キーを使用して資格情報の変数を挿入し、セキュリティを高めることができます。「資格情報変数」を参照してください。

    * Enterprise Edition のバージョン 10.3 以降で使用可能です

  6. [保存] をクリックします。

3. ファイルをダウンロード

このコマンドを使用して、HTTP ファイルをダウンロードします。このコマンドではブラウザを使用する必要はありません。

一般的なユースケース: ストック データ、ログ ファイル、セキュリティ パッチなど、定期的に取得する必要があるファイルをダウンロードします。

4. テーブルを抽出

[テーブルを抽出] コマンドを使用して、Web ページ上のテーブルを選択して、そのデータを CSV ファイルに保存します。

[テーブルを抽出] コマンドなどのタスクを実行すると、Automation Anywhere は $Table Column(index)$ という名前のシステム変数でテーブル データを格納します。

この変数を利用すると、ループの組み合わせを使用して Internet Explorer テーブルの各行を行列形式で抽出したデータを取得できます。

一般的なユース ケース: Web ベースの ERP システムから、Excel などの別のアプリケーションにデータを転送できます。

Web サイトからテーブルを抽出するステップは次のとおりです。

  1. [テーブルを抽出] を選択します。
  2. [起動] をクリックしてテーブルを抽出する Web サイトを開きます。
  3. [テーブルをキャプチャ] ボタンをクリックして、黄色いプロンプトの指示に従ってテーブルを選択し、取得します。

    テーブルの番号が表示されます。

  4. テーブルのデータを .csv ファイル形式で保存または出力することもできます。または、タスク内でループを使用してテーブル データを処理できます。詳細については、ループ コマンドをご覧ください。
  5. 抽出したテーブルを表示 ボタンをクリックすると、抽出したテーブル ウィンドウでテーブル データを確認できます。
  6. [詳細表示] ボタンをクリックすると、セッション名、ページタイトル、ページ URL、csv ファイルにタグの詳細を抽出 など、その他のオプションを追加できます。
  7. [保存] をクリックします。

5. 破損したリンクを特定

[破損したリンクを特定] コマンドを使用して、Web サイトや Web ページ上のすべてのリンクを検証します。

このコマンドを実行すると、Automation Anywhere によって CSV ファイルに結果が保存され、Excel で開くことができます。

このファイルを使用すると、破損したリンクを特定できます。

6. データを抽出

[データを抽出] コマンドを使用して、Web サイトや Web ページからテキスト データを抽出します。

このコマンドでは、「前」と「後」のキーワードを使用して、コピーするテキストの範囲を指定します。

例: Given the text string "= Price: $249 xyz"

ここから価格 ($249) のみを取得する場合は、次のように範囲を指定します。

キーワードの : "= Price:"

「後」のキーワード: "xyz"

ヒント: [データを抽出] コマンドでは、一部のレコードの抽出が省略される場合があります。その場合は、パターンに基づくデータを取得する際に [最初と最後のレコード] を選択します。大規模なパターンに基づくデータを抽出する場合は、Web レコーダーを使用します。

7. URL に移動

このコマンドを使用して、開いているブラウザ ウィンドウで特定の Web サイトの URL に移動します。

8. ソースを抽出

このコマンドを使用して、Web ページからソース コードを抽出します。

ヒント: [キャプチャ] ボタンが無効ですか。詳細については、「Excel コマンド タスクのトラブルシューティング」の Web レコーダーに関するセクションをご覧ください。

9. キャプション別に検索

このコマンドを使用して、開いているブラウザ ウィンドウで特定のキャプションやタイトルに移動します。URL が変更された場合でもこのコマンドによる移動は可能です。

10. 戻る

このコマンドを使用して、 Web サイトの記録中に使用した以前の URL に移動します。

11. JavaScript を実行

このコマンドを使用して、Web ページ上の JavaScript を内部的に実行します。
注:

[関数名] の入力は必須です。これを入力しないと、指定されている一部のスクリプトが実行されません。

  • Internet Explorer で JavaScript が有効になっていることを確認します。無効になっていると、アクセス拒否を示すメッセージが表示される場合があります。詳細については、「Microsoft サポート」セクションをご覧ください。
  • [キャプチャ] ボタンが無効ですか。詳細については、「Excel コマンド タスクのトラブルシューティング」の Web レコーダーに関するセクションをご覧ください。
フィードバックを送る