Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

TaskBot の編集

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

TaskBot の編集

アクションやステップを追加、変更、削除するには、TaskBotを使用して ワークベンチ ロジックを編集します。

  1. ワークベンチでタスクを開くには、次のいずれかの方法に従います。
  2. タスクを選択して、[編集] をクリックします。編集ボタンは鉛筆アイコンです。
  3. タスクを右クリックし、[編集] を選択します。
  4. [アクション][編集] の順に選択します。
タスクをダブルクリックして編集するには、次のステップに従って設定を変更します。
  1. Automation Anywhere のメインウィンドウで、 [ツール] > [オプション] の順にクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [タスク リストをダブルクリックしてタスクを編集] チェックボックスをオンにします。

バージョン管理が有効になっている場合のタスクの編集

バージョン管理が有効になっている場合、タスクとそのプロパティを編集する方法はタスクのステータスに応じて異なります。

  • タスク ファイルがチェック アウトされていない場合は、[表示のみ] モードに限り、タスク ファイルが開きます。

    また、[プロパティ] タブでは編集が無効になり、[ファイルをチェック アウトして、プロパティの編集を有効にします] と表示されます。

  • タスク ファイルがチェック アウトされると、ユーザーはタスクとそのプロパティを編集できます。

フィードバックを送る