Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

TaskBot を自動更新

  • 更新済み: 3/31/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

TaskBot を自動更新

バージョン 11.3.4 以降では、Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーが Enterprise Client にログインすると、Enterprise Client は最新の TaskBotControl Room と関連する依存関係を自動的にダウンロードします。さらに、親タスクオプションを使用すると、実行時に親の TaskBot および関連付けられた依存関係を自動的に更新するため、Attended Bot Runner ライセンスを使用することができます。

前提条件

  • ユーザーによって以前にダウンロードされた Enterprise Client マシン上で更新されるのは、これらの Bot のみです。
  • [管理] > [設定] > [クライアントアプリケーション構成]自動更新 オプションは、Control RoomON に設定されています。
  • ユーザーは、Control RoomBot を設定する権限が必要です。
  • TaskBot とは、他の TaskBot または MetaBot によって呼び出されない TaskBot のことです。
Attended Bot Runnerライセンスを持つ Enterprise Client ユーザーに使用できる親タスクオプションでは、親のステータスを表示できます。TaskBot最新の TaskBot を利用できる場合は、実行時に自動的に更新されるように、親 TaskBot実行することができます。

手順

  1. Enterprise Client メイン ページで、親タスクをクリックして親タスクウィンドウを起動します。
    親タスクウィンドウが起動すると、サーバー ステータスが更新されます。
  2. 親タスクウィンドウで[更新済み]のサーバー ステータスを表示する Bot を選択します。
  3. [実行]をクリックして実行時に TaskBot を更新します。
  4. オプション: [ダウンロード]をクリックして、TaskBot を手動で更新します。
フィードバックを送る