Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

プロパティ

  • 更新済み: 6/26/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

プロパティ

タスクのパフォーマンス、効率、および有用性を高めます。

タスクのプロパティは、実行中のタスクを管理します。タスクの再現性、再生速度、送信する通知、ホット キー、Client マシンのセキュリティ、タスクの操作に関するアナリティクスなどを管理します。[プロパティ] タブでは、タスクを設定し、タスクの設定を調整します。

[プロパティ] タブ

一般
など、タスクの一般的なプロパティを表示および編集します。
ファイル名
タスク名を表示します。
作成時間
タスクが作成された日時を表示します。
ステータス
タスクを前回実行した時間を表示します。
ログを表示
[ログを表示] をクリックして、タスクの履歴および詳細ステータスを表示します。
最終実行時間
タスクを前回実行した時間を表示します。
マウス クリック
タスクに記録された総マウス クリック数を表示します。この数値は、タスクに基づいて自動的に計算されます。
キーストローク
タスクに記録された総キーストローク数を表示します。この数値は、タスクに基づいて自動的に計算されます。
総クリック数
タスクに記録された総クリック数 (マウス クリック数 + キーストローク数) を表示します。この数値は、タスクに基づいて自動的に計算されます。
優先度 (キュー):
タスクの優先度を指定します。これにより、キュー内のタスクの優先順位が決まります。また、優先度が同じである場合は、ジョブの優先順位を決めるためにルールが適用されます。
タイムアウト
タスクのタイムアウトを指定します。指定した時間を超えた場合は、タスクを自動的にキャンセルします。タイムアウトは 0 - 9999 分の間でのみ設定できます。
タスクを類似のファイルやウィンドウ タイトルと連動させる
デフォルトでは、記録したタスクは記録先のファイルでのみ実行されます。このプロパティを使用すると、たとえば、abc.xls ファイルに記録したタスクは、これを編集することなく、def.xlsxyz.xls などの *.xls ファイルで実行できます。
説明/注記
[説明/注記] ウィンドウで、タスクの説明や注を追加します。
リピート
タスクを繰り返す回数または条件を指定します。
速度
タスクの実行速度を調整します。
通知
タスクの実行後に E メール メッセージを送信します。
ホットキー
自動タスクを起動するためのキーボード ショートカットを割り当てます。
セキュリティ
権限のあるユーザーにのみタスクの実行を許可したり、タスク関連のデータをモニターで非表示にしたりするようにパラメーターを設定し、タスクの実行中はキーボードやマウスを無効にします。
アナリティクス
アナリティクス用にデータの共有を有効にします。
フィードバックを送る