Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

E メール トリガーを追加する

  • 更新済み: 6/02/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

E メール トリガーを追加する

E メール トリガーは、TaskBot特定の E メール アカウントで E メールを受信したときに実行されます。

Version 11.3.5OAuth 認証を使用して Exchange Web Services (EWS) としてサーバー タイプを選択した場合、[テナント ID] および [クライアント ID] フィールドは必須ですが、基本認証では省略できるため、インターフェースにはこれらのフィールドがオプションとして表示されます。推奨されるプラクティスは、セキュリティを強化するために OAuth 認証を使用することです。

OAuth 認証用のオンライン EWS の構成

手順

  1. [ツール] > [トリガー管理] の順に移動します。
    [トリガー管理]ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [追加] をクリックします。
    [トリガー管理]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. TaskBot[タスクを選択]フィールドで、実行するタスクを指定します。
  4. [トリガーの種類]リストから [E メール メッセージ]を選択します。
  5. IMAP または POP3 E メール サーバーの場合:
    1. [IMAP または POP3] オプションを選択し、次の詳細を提供します。
      • ホスト: E メール サーバーのホスト名。
      • ポート: ポート: E メール サーバーに接続するために使用するポート。
      • ポーリング頻度: システムがサーバー上で新規 E メールを確認する必要がある場合は、分単位で間隔を指定します。
      • ユーザー名: ユーザー名 E メール サーバーに接続するために使用するポート。
      • パスワード: パスワード E メール サーバーに接続するために使用するポート。
    2. E メール アカウントが安全な接続を使用する場合は、[サーバーが安全な接続を使用]オプションを選択します。
  6. Version 11.3.4 Exchange Web Services (EWS) の場合:
    1. EWS オプションを選択し、次の詳細を提供します。
      • ドメイン名: EWS サーバーのドメイン名。
      • ポーリング頻度: システムがサーバー上で新規 E メールを確認する必要がある場合は、分単位で間隔を指定します。
      • ユーザー名: ユーザー名 E メール サーバーに接続するために使用するポート。
      • パスワード: パスワード E メール サーバーに接続するために使用するポート。
      • Version 11.3.5クライアント IDテナント ID: Microsoft Azure ポータルにアプリケーションを登録したときに生成されたユニークなクライアント ID とテナント ID を入力します。これらのフィールドは OAuth に必須です。
      • Exchange のバージョン: リストからオプションを選択して、使用する EWS サーバーのバージョンを指定します。
      • Exchange URL: EWS サーバーの URL を指定します。

        [フェッチ]オプションをクリックすると、[ユーザー名]フィールドおよび[パスワード]フィールドに提供した値に基づいて、[Exchange URL] フィールドに入力することができます。

  7. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る