Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

変数の使用

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

変数の使用

変数は、自動タスクを作成するために、特定のコマンドと組み合わせて使用します。これは Automation Anywhere の変数に関する情報のランディング ページです。

変数を使用する理由

変数 とは、既知の情報や未知の情報の保存場所です。

自動タスクを作成する際に、変数は情報の保持や計算において重要な役割を担います。

変数は、オンライン データの取得から Microsoft Excel などのアプリケーション間でのデータ転送まで、さまざまな方法で利用できます。

Automation Anywhere は、さまざまな型の変数をタスクごとに定義できるよう設計されています。

これらはローカル変数と呼ばれています。事前定義のシステム変数が用意されており、すべてのタスクに利用できます。

このセクションのトピックは、変数の型、使用方法、使用する状況を理解するのに役立ちます。

変数を使用する状況

オートメーション タスクを作成する際には、変数を使用してフィールドやデータ ポイントを追跡したり変更したりするのに、生成されたスクリプトが役立ちます。たとえば、CSV ファイル内の一連のデータをループ処理する必要がある場合は、変数を使用すれば、最初の行をコピーして別のアプリケーションに貼り付け、次の行、その次の行へと移動して同じ処理を繰り返すことができます。

タスク内に取り込んだすべてのアクションで変数を使用できます。たとえば、次のようなアクションがあります。

  • ウィンドウを選択
  • プログラムを起動
  • ファイル、フォルダー、キーストローク、スプレッドシート、ループなどの操作。
フィードバックを送る