Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ランダム変数

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ランダム変数

文字列と数値という 2 種類のランダム変数を作成します。

ランダム変数は、ランダムな繰り返し文字列または数値のセットを生成する必要がある場合に役立ちます。値は、タスクの実行時に生成されます。

一般的なユース ケース:

  • 文字列: フィールドまたはフォームへの入力となるテスト データの生成
  • 数値: バッチで ID 番号を生成

作成した変数は、さまざまなワークベンチ コマンドに挿入して使用できます。

ランダム型変数の作成方法

ランダム文字列変数の作成

ランダム文字列変数を作成するには、次の手順に従います。

  1. ワークベンチで、上部または右側のタブにある [変数マネージャー] アイコンをクリックします。
  2. 追加ボタンをクリックします。[新しい変数を作成] オプションが選択された状態で [変数を追加] ウィンドウが表示されます。
  3. [ランダム] タイプを選択します。
  4. 変数名を入力します。名前の先頭はアルファベットとし、空白を含めることはできません。
  5. [ランダム文字列] ラジオボタンを選択します。これはデフォルトです。
  6. 表示されたフィールドで文字列の長さを指定します。値は 255 を超えることはできません。
  7. 保存 をクリックします。

ランダム数値変数の作成

ランダム数値変数を作成するには、次の手順に従います。

  1. ワークベンチで、上部または右側のタブにある [変数マネージャー] アイコンをクリックします。
  2. [追加] ボタンをクリックします。[新しい変数を作成] オプションが選択された状態で [変数を追加] ウィンドウが表示されます。
  3. [ランダム] タイプを選択します。
  4. 変数名を入力します。名前の先頭はアルファベットとし、空白を含めることはできません。
  5. [乱数 - 範囲] ラジオボタンを選択します。
  6. 範囲に対応する [開始] および [終了] の値を指定します。
  7. 保存 をクリックします。
フィードバックを送る