Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ループ コマンドを使用した配列変数

  • 更新済み: 4/17/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ループ コマンドを使用した配列変数

配列型変数の作成後、ループ コマンドを使用して自動タスク内で処理することができます。

直接割り当て配列変数の使用

  1. ワークベンチ を開きます。
  2. 変数マネージャーから 直接割り当て オプションを使用して、配列変数 (例: $Student_Data$) を作成します。
  3. ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
  4. F2 キーを押して $ArrayRow$ 変数を挿入し、配列変数 を $Student_Data$ として選択します。
  5. 変数マネージャーを使用して値変数 (例: $row$) を作成して、行数に反復します。
  6. ループ コマンドで、次の手順を実行します。
    1. Variable Operation コマンドをドラッグし、[変数を指定] ドロップダウン リストで $row$ を選択し、F2 キーを押して [値を指定] で $Counter$ 変数を選択します。
    2. 別の ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
    3. F2 キーを押して $ArrayColumn$ 変数を挿入し、配列変数 として $Student_Data$ を選択します。
    4. メッセージ ボックス コマンドをドラッグし、F2 キーを押して $Student_Data$ 変数を挿入します。
    5. [配列変数] ダイアログ ボックスで、F2 キーを押して、[行値] の $row$ 変数と、[列値] の $Counter$ 変数を選択します。
    6. [OK] をクリックして値を保存し、[保存] をクリックしてメッセージを保存します。
  7. [実行] をクリックして TaskBot を実行します。

テキスト ファイルから読み取る配列変数の使用

  1. ワークベンチを開きます。
  2. 変数マネージャーから テキスト ファイルの割り当て オプションを使用して、配列変数 (例: $Sports_team$) を作成します。
  3. ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
  4. F2 キーを押して $ArrayRow$ 変数を挿入し、配列変数 を $Sports_team$ として選択します。
  5. 変数マネージャーを使用して値変数 (例: $row$) を作成して、行数に反復します。
  6. ループ コマンドで、次の手順を実行します。
    1. Variable Operation コマンドをドラッグし、[変数を指定] ドロップダウン リストで $row$ を選択し、F2 キーを押して [値を指定] で $Counter$ 変数を選択します。
    2. 別の ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
    3. F2 キーを押して $ArrayColumn$ 変数を挿入し、配列変数 として $Sports_team$ を選択します。
    4. メッセージ ボックス コマンドをドラッグし、F2 キーを押して $Sports_team$ 変数を挿入します。
    5. [配列変数] ダイアログ ボックスで、F2 キーを押して、[行値] の $row$ 変数と、[列値] の $Counter$ 変数を選択します。
    6. [OK] をクリックして値を保存し、[保存] をクリックしてメッセージを保存します。
  7. [実行] をクリックして TaskBot を実行します。

CSV/Excel から読み取る配列変数の使用

  1. ワークベンチを開きます。
  2. 変数マネージャーから Excel または CSV ファイルの割り当て オプションを使用して、配列変数 (例: $Employee_Data$) を作成します。
  3. ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
  4. F2 キーを押して $ArrayRow$ 変数を挿入し、配列変数を $Employee_Data$ として選択します。
  5. 変数マネージャーを使用して値変数 (例: $row$) を作成して、行数に反復します。
  6. ループ コマンドで、次の手順を実行します。
    1. Variable Operation コマンドをドラッグし、[変数を指定] ドロップダウン リストで $row$ を選択し、F2 キーを押して [値を指定] で $Counter$ 変数を選択します。
    2. 別の ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
    3. F2 キーを押して $ArrayColumn$ 変数を挿入し、配列変数として $Employee_Data$ を選択します。
    4. メッセージ ボックス コマンドをドラッグし、F2 キーを押して $Employee_Data$ 変数を挿入します。
    5. [配列変数] ダイアログ ボックスで、F2 キーを押して、[行値] の $row$ 変数と、[列値] の $Counter$ 変数を選択します。
    6. [OK] をクリックして値を保存し、[保存] をクリックしてメッセージを保存します。
  7. [実行] をクリックして TaskBot を実行します。

データベースから読み取る配列変数の使用

  1. ワークベンチを開きます。
  2. 変数マネージャーから データベースの割り当て オプションを使用して、配列変数 (例: $Employee_Data$) を作成します。
  3. ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
  4. F2 キーを押して $ArrayRow$ 変数を挿入し、配列変数を $Employee_Data$ として選択します。
  5. 変数マネージャーを使用して値変数 (例: $row$) を作成して、行数に反復します。
  6. ループ コマンドで、次の手順を実行します。
    1. Variable Operation コマンドをドラッグし、[変数を指定] ドロップダウン リストで $row$ を選択し、F2 キーを押して [値を指定] で $Counter$ 変数を選択します。
    2. 別の ループ コマンドをドラッグし、[回数] オプションを選択します。
    3. F2 キーを押して $ArrayColumn$ 変数を挿入し、配列変数として $Employee_Data$ を選択します。
    4. メッセージ ボックス コマンドをドラッグし、F2 キーを押して $Employee_Data$ 変数を挿入します。
    5. [配列変数] ダイアログ ボックスで、F2 キーを押して、[行値] の $row$ 変数と、[列値] の $Counter$ 変数を選択します。
    6. [OK] をクリックして値を保存し、[保存] をクリックしてメッセージを保存します。
  7. [実行] をクリックして TaskBot を実行します。
フィードバックを送る