Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

日付と時間のシステム変数

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

日付と時間のシステム変数

日付と時間の一連のシステム変数を使用すると、自動化タスクの実行時に、システムの現在の日付や時刻を挿入および監視できます。

ユース ケース シナリオ

日付/時間変数を使用すると、実行中のプロセスの成否を監視するために特定の時点を追跡および記録できます。

システム変数およびその説明を表示するには、次のステップに従います。

  1. ワークベンチで、上部または右側のタブにある [変数マネージャー] アイコンをクリックします。
  2. [システム変数を表示] リンクをクリックします。

日付/時間のシステム変数を挿入するには、次のステップに従います。

  1. ワークベンチで、[Variable Operation] コマンドをドラッグして [タスク] ウィンドウにドロップします。
  2. [システム変数] のラジオボタンを選択します。
  3. ドロップダウン メニューで、挿入するシステム変数を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

日付/時間の変数を管理するには、テーブルに一覧表示されたオプションを使用します。テーブルには、日付と時間のシステム変数の名前、戻り値、アクションが表示されています。

日付変数の場合、[システム変数] ウィンドウを使用して、日付変数で返される形式を変更できます。次のステップに従ってください。

  1. ワークベンチで、上部または右側のタブにある [変数マネージャー] アイコンをクリックします。
  2. [システム変数を表示] リンクをクリックします。
  3. 変数の日付/時間リストから日付変数を選択し、[...] ボタンをクリックします。
  4. [日付形式を選択] ポップアップ ウィンドウで、日付形式を選択します。

例:

  1. 次のコマンドは、現在の日付、曜日、年のパスをログ ファイルに記録します。これは、エラーや特定の重要な情報をファイルに記録するときに、日付スタンプを含めるために重要です。
    1. [ファイルに記録] コマンドをドラッグ アンド ドロップします。
    2. F2 ファンクション キーを使用して、$Date$、$Day$、Year$ の変数を挿入します。
      コマンド:
      Log to File: Date:$Date$Day:$Day$Year:$Year$ in
      "C:\Variable Operation.txt"
  2. 次のコマンドは、現在の時、分、秒をログ ファイルに記録します。これにより、分析のためにタイムスタンプがログに追加されます。
    1. [ファイルに記録] コマンドをドラッグ アンド ドロップします。
    2. F2 ファンクション キーを使用して、$Hour$、$Minute$、および $Seconds$ の変数を挿入します。
      コマンド:
      Log to File:
      Hour:$Hour$Minute:$Minute$Seconds:$Second$ in "C:\Variable
      Operation.txt"
フィードバックを送る