Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ファイルの割り当てを使用して値型変数を作成

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ファイルの割り当てを使用して値型変数を作成

タスクの実行時にテキスト ファイルから変数の値を取得する必要がある場合は、ファイルの割り当てを使用して値型変数を作成します。

タスクでは、ファイルを読み取って変数の値を変更し、ファイル内の各データ ポイントに値を再割り当てすることができます。ファイルの割り当てを使用して値型変数を作成するには、次のステップに従います。

手順

  1. 値の割り当てに使用するテキスト ファイルを決定します。
    テキスト ファイル内に、変数名に続けて「=」 演算子が記載されていることを確認します。これにより、値が正しく割り当てられます。
    たとえば、変数名は次のとおりです。Web サイト テキスト ファイルのコンテンツ: website = automationanywhere.com 
  2. ワークベンチで、タブの上部または右側にある [変数マネージャー] アイコンをクリックします。 
  3. [追加] をクリックします。
    [変数を追加] ウィンドウが開き、[新しい変数を作成] オプションが選択された状態で表示されます。
  4. [値] 型を選択します。
    通常、これがデフォルトで選択されています。
  5. 変数名を入力します。
    名前の先頭はアルファベットとし、空白を含めることはできません。
  6. [テキスト ファイルから読み取る] ラジオ ボタンを選択します。
  7. [ファイルを選択] フィールドで、必要なテキストファイルを参照するか、そのファイル パスを入力します。
    選択したテキスト ファイルを表示するには、[ファイルを開く] ボタンを使用します。
  8. [保存] をクリックします。
    保存した変数は、変数マネージャーの [ローカル変数] セクションに表示されます。
フィードバックを送る