Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスクで変数を割り当てる

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

タスクで変数を割り当てる

定義した変数に対して、自動化タスク内で操作を実行します。Variable Operation コマンドを使用すると、ユーザー変数を割り当てたり再初期化したりできます。

割り当てとは、変数に 1 つの値を結び付けることです。この操作により、ユーザーはタスクの実行時に定義済みの変数を再利用できます。

割り当ては、3 種類の変数 (値、リスト、および配列) に対して実行できます。リストおよび配列の場合、割り当てはリストまたは配列内の特定の位置ごとに適用されます。

下表には、ユーザーの変数型とソース (サブタイプ)、および割り当て操作がサポートされているかどうかが示されます。

値変数を割り当てる

値型変数に値を割り当てるには、次のステップに従います。

  1. ワークベンチで、[Variable Operation] コマンドをドラッグしてタスクにドロップします。
  2. [ユーザー変数] オプションを選択します。
  3. [変数を指定] で、タスクに定義されたすべてのユーザー変数のリストから、変数を選択します。変数型とソースが表示されます。
  4. [割り当て操作] ラジオ ボタンを選択します。
  5. [値を指定] フィールドに値を入力するか、F2 ファンクション キーを押して別の変数を挿入します。

割り当て式の右側には、任意の通常の演算を配置できます。

例: singleval1 = ($var2$ + $var5$ - 10) / 5

サポートされている演算子: (、)、/、*、+、-

演算の順序: 「かっこ」演算子の優先度が最も高く、かっこ内の演算は左から右へと評価されます。

リスト変数の割り当て

リスト型変数に値を割り当てるときは、その値の位置を指定する必要があります。その位置の以前の値は上書きされます。

リスト型変数に値を割り当てるには、次のステップに従います。

  1. ワークベンチで、[Variable Operation] コマンドをドラッグしてタスクにドロップします。
  2. [ユーザー変数] オプションを選択します。
  3. [変数を指定] で、タスクに定義されたすべてのユーザー変数のリストから、変数を選択します。変数型とソースが表示されます。
  4. [割り当て操作] ラジオ ボタンを選択します。
  5. リスト型変数の場合は、[位置を選択] が表示されます。この値の位置を指定します。例: $Counter$
  6. F2 ファンクション キーを押し、変数を選択して、ここに挿入する別の変数を指定することもできます。
  7. [値を指定] フィールドに値を入力するか、F2 ファンクション キーを押して別の変数を挿入します。

配列変数の割り当て

配列型変数に値を割り当てるときは、それらの値の位置を指定する必要があります。その位置の以前の値は上書きされます。

配列変数のソースは、リストから選択した変数の型に応じて、Excel ファイル、CSV ファイル、データベース、またはテキスト ファイルになります。

配列型変数に値を割り当てるには、次のステップに従います。

次の例では、配列変数の位置 (2,2) に、タスクで定義された別の変数から割り当てます。

  1. ワークベンチで、[Variable Operation] コマンドをドラッグしてタスクにドロップします。
  2. [ユーザー変数] オプションを選択します。
  3. [変数を指定] で、タスクに定義されたすべてのユーザー変数のリストから、変数を選択します。変数型とソースが表示されます。
  4. [割り当て操作] ラジオ ボタンを選択します。
  5. 配列変数の場合は、[位置を選択] に [行] と [列] のフィールドが表示されます。これらの値で位置を指定します。たとえば、「行 2、列 2」などです。
  6. F2 ファンクション キーを押し、変数を選択して、ここに挿入するその他の変数を指定することもできます。
  7. [値を指定] フィールドに値を入力するか、F2 ファンクション キーを押して別の変数を挿入します。

Variable Operation: 値の丸め処理

ワークベンチで、[Variable Operation] コマンドを使用すると、値が丸められることに注意してください。

たとえば、[Variable Operation] コマンドを使用して、値 "01.20" を Temp という名前の変数に割り当てます。そうすると、値の前後の余分なゼロが削除されるため、メッセージ ボックスに表示される戻り値は 1.2 になります

例:

例 1

タイプ: ソースの一覧表示: テキスト例から読み取ります。

  1. コメント: このループは 5 回実行されます。テキスト ファイル変数から読み取られるリストに 5 つのエントリがあるためです。
  2. コメント: リスト型変数を作成します。ソース: RDlsttxt = 11, 21,31,41,51 という内容のテキスト ファイルから読み取ります。
    Start Loop "List Variable
    $RDlsttxt$"
  3. コメント: メッセージ ボックスに、リスト変数の値とその他の変数の値の合計が表示されます。ここでは、$row$=10 です。
    Variable Operation: $RDlsttxt$ + $row$ To
    $Prompt-Assignment$
    Message Box: "$Prompt-Assignment$"
    End Loop

例 2

タイプ: 配列ソース: Excel から読み取り

  1. コメント: 配列変数を使用して既存の Excel ファイルから読み取ります。
    Connect to "$ConnectStr$"
    Session:'Default'
  2. コメント: ArrayRows は、ユーザー定義配列の合計行数を取得するために使用するシステム定義変数です。
  3. コメント: ArrayExl は、Excel ファイルから読み取ったソースを使用するユーザー定義の配列変数です。この例では、本とゲームのタイトルと価格を含むリストを使用しています。このリストは変数マネージャーで初期化されています。
    Variable Operation: $ArrayRows($ArrayExl$)$ To
    $Row$
    Start Loop "$Row$" Times
  4. コメント: Web サイトから抽出された csv のヘッダー タイトルをスキップするために、次の if 条件を使用します。
    If $Counter$ Equal To (=) "1" Then
    Continue
    End If
    Execute SQL Statement: 'Insert into Ebaykids
    (BookTitle,cost) values
    ("$ArrayExl($Counter$,1)$",'$ArrayExl($Counter$,2)$')' Session:
    'Default'
    End Loop
    Open "http://www.ebay.com/"
  5. コメント: Web レコーダーを使用して、哲学に関する本を CSV ファイルに抽出します。
    Set text 'philosophy books' into _nkw in the
    webpage 'Electronics, Cars, Fashion, Collectibles, Coupons and More
    Online Shopping | eBay'
    Click on 'Search' Command Button in the
    webpage 'Electronics, Cars, Fashion, Collectibles, Coupons and More
    Online Shopping | eBay'
    Loop While Web Control Exists (Other HTML
    Control : Next ) in the webpage 'philosophy books |
    eBay'
    Extract Multiple Data from Webpage to
    $filePath$ from the web page: philosophy books | eBay
    Click on 'Next' Other HTML Control in the
    webpage 'philosophy books | eBay'
    End Loop
    Extract Multiple Data from Webpage to
    $filePath$ from the web page: philosophy books | eBay
フィードバックを送る