Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot の依存関係を管理

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot の依存関係を管理

Bot Creator では、TaskBot の依存ファイルを管理できます。doc、docx、xls、xlsx、csv、mdb、pkx、atmx、exe、pdf、txt、jpg、png、bmp、xml など、すべての依存ファイルを TaskBot と共に送出できます。

これらの依存ファイルは、TaskBot の実行時にControl Room へ自動的にアップロードされて展開されます。

Bot の依存ファイルを管理

ワークベンチから Bot の依存関係オプションを使用して、依存ファイルを管理できます。ここでは、「マイ タスク」、「マイ ドキュメント」、「マイ スクリプト」フォルダーでファイルを追加コピーすべてコピー貼り付け削除できます。

特定のタスクでファイルを参照する (含ませる) には、システム変数の $AAApplicationPath$ を使用します。

依存関係ファイルは、「マイ タスク」、「マイ ドキュメント」、「マイ スクリプト」フォルダーに存在する場合にのみ追加できます。その他のソースを選択すると、「

依存関係は追加されていません。」というメッセージが表示されます。Bot依存関係は、「マイ タスク」、「マイ ドキュメント」、「マイ スクリプト」フォルダー (アプリケーション パス)、またはそのサブフォルダーのみから追加できます。

依存ファイルを追加

Bot の依存関係パネルから依存ファイルを Bot に追加するには、次の手順に従います。

  1. [追加] をクリックします。
  2. マイ タスク」、「マイ ドキュメント」、「マイ スクリプト」フォルダーおよびサブフォルダーから必要なファイルを選択します。
  3. [開く] をクリックします。

    依存関係ファイルが追加され、Bot の依存関係の下に表示されます。

一部またはすべての依存関係ファイルのコピーと貼り付け

[ Bot 依存関係] パネルで、Bot から一部またはすべてのファイルをコピーし、別の Bot に貼り付けるには、次の操作を実行します。

  1. [Bot 依存関係] のリストから必要なファイルを選択します。
  2. [コピー] または [すべてコピー] をクリックします。
  3. 依存関係ファイルのコピー先となる Bot を作成するか開きます。
  4. [貼り付け] をクリックします。

    依存ファイルがコピーされ、Bot の依存関係の下に表示されます。

注: コピー先の Bot に同じ依存関係ファイルがすでに存在する場合は、コピーされずに「

この Bot に 1 つまたは複数の依存関係がすでに存在しているので依存関係はコピーされません」というエラー メッセージが表示されます。

ファイルを削除

Bot の依存関係パネルから Bot の依存ファイルを削除するには、次の手順に従います。

  1. ファイルを選択します。
  2. [削減] をクリックし、依存ファイル リストからファイルが削除されたことを確認します。

Bot で依存ファイルを参照

Bot でファイルを参照 (含ませる) には、次の操作を実行します。

  1. タスク アクション リストで必要なコマンドをドラッグ アンド ドロップします。
  2. 依存ファイルを選択します。
    注: システム変数「$AAApplicationPath$」を使用すると、他のユーザーが利用できるようにタスクをアップロードできます。

依存ファイルをアップロードおよびダウンロード

すべての依存関係ファイルは自動的に Control Room に対してアップロードまたはダウンロードが行われます。

フィードバックを送る