Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

SAP BAPI マネージャーを使用

  • 更新済み: 9/04/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

SAP BAPI マネージャーを使用

Automation Anywhere Enterprise Client の SAP BAPI マネージャーでは、カスタムおよびデフォルトのビジネス アプリケーション プログラム インターフェース (BAPI) を管理できます。SAP BAPI マネージャーでは、さまざまなカテゴリ、モジュール、オペレーション タイプの下に 2000 個を超えるデフォルトの BAPI があります。必要に応じて、モジュール、カテゴリ、オペレーション、BAPI は追加できます。

前提条件

新しいモジュールにカスタム BAPI を追加するには、次の手順に従います。

手順

  1. Enterprise Client ウィンドウの [ツール] メニューから、[SAP BAPI マネージャー] をクリックします。
    [SAP BAPI マネージャー] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [SAP モジュール] ノードを右クリックし、メニューから [モジュールを追加] を選択します。
    [モジュールを追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [新しいモジュール名] フィールドに名前を入力し、[保存] をクリックします。
    システムはモジュールを追加します。
  4. 最近追加したモジュールを右クリックし、メニューから[カテゴリを追加] を選択します。
    [カテゴリを追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. [新しいカテゴリ名] フィールドに名前を入力し、[保存] をクリックします。
    システムは、選択したモジュールの下にカテゴリを追加します。
  6. 最近追加したカテゴリを右クリックし、メニューから [オペレーションを追加] を選択します。
    [オペレーションを追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
  7. [新しいオペレーション名] フィールドに名前を入力し、[保存] をクリックします。
    システムは、選択したカテゴリの下にオペレーションを追加します。
  8. 最近追加したオペレーションを右クリックし、メニューから [BAPI を追加] を選択します。
    [BAPI を追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
  9. [BAPI 名を入力] フィールドに名前を入力します。
  10. [接続タイプ] リストからオプションを選択し、使用する接続タイプを指定します。
    次のオプションが利用できます。
    • カスタム アプリケーション サーバー
    • グループ/サーバーを選択

    システムは、選択したオプションに基づき関連項目を表示します。

  11. 次のフィールドの詳細を入力します。
    カスタム アプリケーション サーバー オプションの場合:
    • アプリケーション サーバー ホスト
    • Client
    • ユーザー名
    • パスワード
    • システム番号
    • 言語
    • システム ID
    • SAP ルーター文字列
    グループ/サーバーを選択オプションの場合:
    • メッセージ サーバー ホスト
    • Client
    • ユーザー名
    • パスワード
    • システム番号
    • 言語
    • システム ID
    • SAP ルーター文字列
    • ゲートウェイ ホスト
    • ログオン グループ
  12. 接続をテストするには [接続をテスト] をクリックし、[保存] をクリックします。
    注: このすべての手順では、sapnco.dllsapnco_utils.dll ファイルがインストール パスにコピーされ、使用許可のためにロック解除されない限り、接続テストは成功しません。「BAPI を使用して SAP でタスクを自動化する」をご覧ください。
フィードバックを送る