Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation Anywhere Control Room におけるバージョン管理の有効化

  • 更新済み: 5/31/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Automation Anywhere Control Room におけるバージョン管理の有効化

Automation Anywhere Control Room にはバージョン管理機能が組み込まれているため、ユーザーはさまざまなバージョンのファイルを管理し、管理された編集を適用できます。

Subversion のサポート

Subversion は Apache Subversion ソフトウェア プロジェクトによって提供されています。Subversion のインスタンスを独自に設定することもできますが、Subversion 用の SVN Server として VisualSVN Server を使用することをお勧めします。

Automation Anywhere は、さまざまなバージョンの SVN をサポートしています。「バージョン管理要件」をご覧ください。

Automation Anywhere Control Room でバージョン管理機能をオンにすることで、Enterprise Client で TaskBot、MetaBot、ドキュメント、レポート、スクリプト、実行可能ファイル、およびワークフローを含むファイルのバージョンを管理します。

Control Room におけるバージョン管理の有効化

Control Room 管理者は、バージョン管理を有効にし、既存または新規のサーバー リポジトリに対してバージョン管理を設定できます。「Bot: バージョン管理の設定」を参照してください。

Enterprise Client でのバージョン管理の使用

TaskBot、MetaBot、ドキュメント、レポート、スクリプト、実行可能ファイル、およびワークフローを含むファイルに対して管理された編集を行うには、バージョン管理を使用して、新しいファイルの作成、チェックアウト、編集、コメント付きのアップロード、サーバー リポジトリからのダウンロードを行います。

注: Enterprise Client のバージョン管理機能を使用できるようにするには Control Room にログインする必要があります。
  • 作成: ローカル リポジトリに新しいファイルを作成できます。プラス記号 () は、新規ファイルであることを示します。
  • 編集: ファイルは、[アップロード済み] または [チェックアウト済み] である場合にのみ編集できます。
  • チェックアウト/チェックアウトの取り消し
    • チェックアウト: サーバー リポジトリ内の既存のファイルは、チェックアウトして編集できます。チェックアウト済みのファイルは、チェックマーク () で示されます。
    • チェックアウトの取り消し: このオプションは、ファイルをチェックアウトする場合にのみ使用できます。ファイルがすでにチェックアウト済みの場合は、このオプションを使用することができます。
  • アップロード: 編集後に、ファイルをコメント付きでサーバー リポジトリにアップロードできます。プレフィックス付きのアイコンや記号が表示されていない場合は、アップロードが成功しています。

    タスク リスト / リポジトリの特定のフォルダーからファイルをアップロードすることもできます。

  • バージョン履歴: ファイルへの変更内容を表示できます。
    • 比較: ファイルの 2 つの既存バージョン間の類似点と違いを比較するか、ローカル バージョンで既存のバージョンのファイルを比較できます。
    • ロールバック: 既存のバージョンのファイルにロールバックすることができます。
  • コピーまたは名前の変更: ローカル リポジトリ内のファイルは、チェックアウト済みでない限り、選択してコピーを作成できます。
  • 削除: ファイルは、チェックアウト済みでない限り、ローカル リポジトリから削除できます。

[アクション] を使用しても同じ操作を実行できます。

フィードバックを送る