Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

サーバーとの間でのタスクのダウンロードとアップロード

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

サーバーとの間でのタスクのダウンロードとアップロード

リポジトリを使用してサーバーとの間で自動タスクを移動します。

  • Enterprise Client には、簡単にサーバーとの通信を行える機能があります。
  • リポジトリ機能を起動するには、Client のメイン画面で、[管理] > [リポジトリ] タブをクリックします。
  • Client がサーバーに登録済みであることを確認してください。

リポジトリを使用すると、次のタスクを実行できます。

  • Client とサーバー間でタスクを移動できます。
  • Client またはサーバーで、タスクが最後に編集された日時を確認できます。
  • Client で作成された新しいタスクや、サーバーにアップロードされた新しいタスクをすべて確認できます。
  • タスク ファイルを比較し、Client とサーバーに存在するファイルのバージョンの違いを特定できます。

Client とサーバーにあるファイルを比較」をご覧ください。

サーバーにタスクをアップロード

以下の 4 つの方法のいずれかを使用して、サーバー (またはControl Roomリポジトリ マネージャー) にタスクをアップロードできます。

  • アクション ボタンのドロップダウン リストから [アップロード] を選択します。
  • 右上の [タスク リスト] ウィンドウにある [アップロード] ボタンをクリックします。
  • 選択したタスクを右クリックして [アップロード] を選択します。
  • リポジトリからタスクを選択します。

タスクが正常にアップロードされると、確認ウィンドウが表示されます。[OK] をクリックします。タスクがサーバー リポジトリ マネージャーに表示されます。

注: バージョン管理を設定している場合は、タスクのアップロード時にコメントを追加する必要があります。「コメントをアップロード」をご覧ください。

Version 11.3.5Windows Explorer を使用して Bot をコピーして貼り付る場合、ソース Bot とコピー元の Bot は同じままです。Bot Insight ダッシュボードを生成する前に新しいユニークな GUID が作成されるように、まずコピー済みの保護されていない BotControl Room にアップロードします。重複する GUID を持つ保護された Bot または複数の保護された Bot11.x Enterprise Client を通してアップロードされた場合、Bot がアップロードできない理由を示す検証メッセージが表示されます。

Version 11.3.5指定期間内に Bot のアップロードが完了しない場合、タイムアウトにより Bot のアップロードが失敗することがあります。アプリケーション パスの AA.Settings.xml ファイルに次の構成を定義することで、タイムアウト期間を延長できます。requesttimeout タグがすでに存在する場合は、タイムアウトの値を増やします (ミリ秒単位)。

以下に例を示します。

<main>
<options>
<serversettings>
<requesttimeout>120000</requesttimeout>
</serversettings>
</options>
</main>

サーバーからタスクをダウンロード

サーバー (または Control Room リポジトリマネージャー) からタスクをダウンロードするには、リポジトリ機能を使用する必要があります。次のステップに従ってください。

  1. Automation Anywhere のメイン ウィンドウで、[リポジトリ] タブをクリックします。リポジトリ機能が開き、サーバーおよび Client に存在するファイルが分割画面に表示されます。
  2. Client にダウンロードするタスク ファイルを強調表示します。
  3. [ダウンロード] ボタンをクリックします。タスクが Client にコピーされます。
注:
  • Client にダウンロードされるファイルは、同じ名前で上書きされることに注意します。ファイルをダウンロードする前に、最新バージョンのタスクがサーバーにあることを確認します。
  • Version 11.3.3

    アップロードとダウンロードの依存関係のテーブルは、保護された Bot を識別する 保護タイプ 列に含まれます。この列は、Bot Store フォルダー内にある Bot のみを表示します。

フィードバックを送る