Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

自動ログイン

  • 更新済み: 3/30/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

自動ログイン

Unattended (サーバーから実行を指示) マシンでタスクを実行するには、自動ログイン オプションを使用します。

自動ログイン 機能を使用すると、Bot は自動的にマシンにログオンし、スケジュール設定されたオートメーション タスクを実行して、タスク完了後にマシンを元のロックまたはログオフ状態に復元します。Unattended (サーバーから実行を指示) マシンで自動タスクを実行すると、Bot Runner の最適な使用を実現し、アイドル時間を削減できます。

自動ログイン オプションを使用して、次の操作を実行します。

  • タスクをスケジュール
  • レポートを実行
  • ワークフローを実行
  • 自動タスクをトリガー

自動ログイン は、次のシナリオでマシンを元の状態に復元します。

  • Enterprise Client または Control Room からタスクが停止または一時停止した場合。これにより、タスクが一時停止または停止してもマシンのセキュリティが危険にさらされることはありません。
    注: タスクが再開されると、タスクはロックされたマシンのバックグラウンドで引き続き実行されます。
  • タスクの実行中にエラーが発生した場合。

オペレーティング システムによっては、法的なまたはプライバシーの通知を表示する場合があり、ユーザーはログインするたびにそれに対応する必要があります。Bot がこれらのいずれかのシステムで実行されている場合は、Bot自動ログイン オプションを設定するときに、[法的免責事項を無視] オプションを必ず選択してください。

Version 11.3.5自動ログイン エラーが発生した場合は、次のいずれかのアクションを実行します。
  • Enterprise Client アプリケーション パスの AA.Settings.xml ファイルに次の設定を定義することで、自動ログイン の再試行を有効にします。再試行の回数に対する retrycount タグの値を指定します。たとえば、retrycount タグの値を 3 に設定した場合、自動ログイン は 3 回ログインを試みます。
    <Main>
    <options>
    <autologin>
    <retrycount>3</retrycount>
    </autologin>
    </options>
    </Main>

    再試行の回数には任意の値を設定できます。再試行するたびに、自動ログインtimeout タグで設定された時間が使用されます。たとえば、retrycount が 3 に設定され、timeout が 60 に設定されている場合、自動ログイン は 3 回再試行され、再試行には 1 回につき 60 秒かかります。したがって、所要時間の合計は 3 x 60 = 180 秒です。必要に応じて retrycount の値を設定します。

  • Automation.Autologin.Settings.xml ファイルで次の設定を定義することで、高度な法的放棄の回避を有効にできます。このファイルは、共通アプリケーション パス内の公開ドキュメントの SYSTEM フォルダーに含まれています。
    <Settings>
    <enableadvancedlegaldisclaimerbypass>True</enableadvancedlegaldisclaimerbypass>
    </Settings>

    この設定が、SYSTEM フォルダーに含まれる Automation.Autologin.Settings.xml ファイルにおいてのみ定義されていることを確認します。

Version 11.3.5.2管理者が Control Room で外部キー Vault オプションで行った構成変更に応じて、Enterprise Client [Windows のログイン資格情報] 画面に次の変更が適切なメッセージとともに表示されます。
  • 外部キー Vault が無効の場合、ログイン資格情報のフィールドが有効になり、ユーザー名とパスワードを手動で入力できます。
  • 外部キー Vault が有効で、厳密な取得ポリシーがない場合、ログイン資格情報のフィールドが有効になり、ユーザー名とパスワードを手動で入力できます。
  • 外部キー Vault が有効で、厳密な取得ポリシーがある場合、ログイン資格情報のフィールドが無効になり、資格情報は外部キー Vault からのみ取得する必要があります。
  • Enterprise Client にログインしているときに管理者が外部キー Vault に変更を加えた場合、および自動ログイン設定を変更した場合は、Control Room での変更により再ログインが必要であることを示すメッセージが表示されます。

その他のリソース

自動ログイン の詳細については、次の記事を参照してください。

フィードバックを送る