Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザー アクセス制御およびデータ実行防止を設定

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ユーザー アクセス制御およびデータ実行防止を設定

場合によっては、UAC および DEP 設定の変更が必要になることがあります。

Windows Vista 以降の OS を実行しているマシンで操作をスムーズに行うには、次の手順を実行します。
  • Automation Anywhere を実行しているコンピューターでユーザー アクセス制御 (UAC) がオンになっているかどうかを確認します。
  • Windows デスクトップから、[開始] → [コントロール パネル] → [ユーザー アカウント] → [ユーザー アカウント制御設定を変更] の順に選択します
  • [通知しない] に設定します。
  • データ実行防止 (DEP) で Automation Anywhere を例外リストに追加します。
  • Windows デスクトップから、[開始] → [コントロール パネル] → [システム] → [システムの詳細設定] の順に選択します
  • [詳細] タブの [設定] ボタンをクリックします。
  • [データ実行防止] タブをクリックし、[次に選択するのものを除くすべてのプログラムおよびサービスについて DEP を有効にする]] オプションをオンにします。
  • [追加] ボタンをクリックし、リストに Automation Anywhere.exe (Program Files (x86)\Automation Anywhere) フォルダーを追加します。
  • [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
  • 新しい設定が有効になるようコンピューターを再起動します。
フィードバックを送る