Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

A2019 の Google Chrome プラグインの変更

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

A2019 の Google Chrome プラグインの変更

これは、Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.3Automation 360 Community Edition を同時に使用して Google Chrome プラグインを変更するための情報です。

問題点

Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.3 にアップグレードして Automation 360 Community Edition を同時に使用すると、[記録] 機能または [キャプチャ] アクションを使用してタスクを記録できない場合があります。

理由:

この問題は、デフォルトでは Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.3 が Google Chrome プラグイン バージョン 12.x をインストールし、Automation 360 Community Edition が Google Chrome プラグイン バージョン 11.x をインストールするために発生します。そのため、2 つの異なるバージョンを同時に使用することはできません。

Google Chrome 拡張機能の変更

解決方法

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. 次の Windows レジストリ キーを確認します。

    Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Chrome\NativeMessagingHosts\automation.chrome.agent

    • 上記のキーを使用できる場合は、Google Chrome プラグイン バージョン 11.x を無効にし、Google Chrome プラグイン バージョン 12.x を有効にします。
    • 上記のキーを使用できない場合は、Google Chrome プラグイン バージョン 12.x を無効にし、Google Chrome プラグイン バージョン 11.x を有効にします。
  2. Google Chrome を再起動します。
  3. Google Chrome 拡張機能がインストールされて有効になっている状態で、Bot Agent Automation.BrowserAgent.exe が動作していることを確認します。
フィードバックを送る