Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Windows アクション コマンド

  • 更新済み: 1/04/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Windows アクション コマンド

[Windows アクション] コマンドを使用して、アクティブ化、サイズ変更、最小化、最大化、アプリケーション ウィンドウを閉じるなど、Windows ベースのアクションを自動化します。

概要

[Windows アクション] コマンドは、ウィンドウの操作を含むタスクを自動化します。[ウィンドウを選択] ドロップダウン メニューから、アクティブ化するウィンドウを指定します。

タスクの自動化中は、Windows アプリケーションを開いておく必要があります。アプリケーションを最小化しても、タスクの自動化には影響しません。

アプリケーションが実行中であるものの使用できない場合は、[更新] をクリックします。

注: Automation Anywhere アプリケーション ウィンドウで自動化を実行することはできません。
ウィンドウをアクティブ化
実行中のアプリケーションをアクティブ化します。
ウィンドウを閉じる
アクティブなウィンドウを閉じます。
ウィンドウを最大化
アクティブなウィンドウを最大化します。
ウィンドウを最小化
アクティブなウィンドウを最小化します。
ウィンドウをサイズ変更
アクティブなウィンドウのサイズを変更します。
キャプチャ: ボタンをクリックしてウィンドウの大きさを取得します。
アクティブなウィンドウ タイトルを取得
変数にアクティブなウィンドウ タイトルを割り当てます。
一般的なエラー
ユーザーには、[Windows アクション] コマンド > [ウィンドウをアクティブ化] を使用したときに、次のエラーが表示される場合があります。
記録中に開いていた <ウィンドウタイトル> というタイトルのウィンドウまたはアプリケーションが見つかりません
考えられる原因:
  • TaskBot または MetaBot のロジックの記録中に開いていたウィンドウまたはアプリケーションが閉じます。
  • ウィンドウまたはアプリケーションが存在しない。
考えられる解決策:
  • ウィンドウまたはアプリケーションを起動または開き、TaskBot / MetaBot ロジックを実行します。
  • ウィンドウまたはアプリケーションが存在するか、その宛先フォルダーまたはパスに存在するかを確認します。
フィードバックを送る