Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

フィールドを設定コマンドを使用

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

フィールドを設定コマンドを使用

[フィールドを設定] コマンドを使用して、ターミナルの特定のフィールドに値を設定します。このコマンドでは、値の後に事前定義されたキーを送信して、ターミナルでさまざまな操作を実行することもできます。

端末のフィールドに値を設定するには、次の操作を実行します。

手順

  1. [コマンド] タブの [端末エミュレーター] ノードを展開します。
  2. [フィールドを設定] 操作をダブルクリックまたはドラッグします。
    [ターミナル エミュレーター] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 値を設定するテーブルのフィールドを指定します。
    1. [インデックス別] オプションを選択して、フィールドのインデックスに基づいてフィールドを指定します。
      インデックス値はゼロから始まります。たとえば、3 番目のフィールドに値を設定する場合、フィールドに 2 を指定する必要があります。
    2. [名前別] オプションを選択して、フィールドの場所を指定します。
      たとえば、3 行目の 5 番目の列にあるフィールドに値を設定する場合、フィールドに R3C5 を指定する必要があります。
  4. [テキストを暗号化] チェックボックスを選択し、フィールドに設定する値を暗号化します。
  5. [テキスト] フィールドに、設定するテキストを指定します。
  6. フィールドに値を設定した後でキーを送信する場合は、[上記テキストの送信後にキーを送信] チェックボックスを選択します。
    1. リストからオプションを選択して、使用するキーを指定します。
  7. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る