Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

SAP リモート ファンクション コールを使用

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

SAP リモート ファンクション コールを使用

Automation Anywhere Enterprise は、SAP 内でリモート関数の呼び出しを実行するコマンド ノードを提供します。これによって、データを BAPI へ送信する、または BAPI からの値を異なる変数として保管することが可能になります。リモート関数の呼び出しには、関数の作成関数の呼び出しデータの設定データの取得が含まれます。

注: リモート ファンクション コールを使用するユーザーは、値の割り当てに使用する変数が複雑なプロセスで利用されるため、BAPI に関する知識があることをおすすめします。

リモート ファンクション コールを使用するには、次の手順に従います。

手順

  1. SAP 統合コマンド ノードを展開し、[リモート ファンクション コールを実行] コマンドをダブルクリックします。
    [SAP 統合] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [セッション名] フィールドにセッション名を入力します。
  3. [関数を作成] オプションを選択した場合:
    1. [関数エイリアス名] フィールドに、使用する SAP 関数名を入力します。
    2. [BAPI 名] フィールドに、使用する BAPI 名を入力します。
      または、

      [選択] をクリックし、[BAPI マネージャー] ダイアログ ボックスから BAPI を選択します。

    3. [シーケンスを開始] オプションを選択し、プロセスの開始点をマークできます。
  4. [関数を呼び出す] オプションを選択した場合:
    1. 使用する関数名を [関数の作成] に入力し、[関数エイリアス名] フィールドに呼び出します。関数の呼び出しオプションの複数のインスタンスを使用し、プロセスのさまざまな関数を呼び出せます。これらのインスタンスは、自動化するタスクに対応する順序で使用する必要があります。
    2. [シーケンスを終了] オプションを選択し、プロセスの終了点をマークできます。
    3. [トランザクションにコミット] を選択し、プロセス中に行われた変更をコミットできます。
  5. [データを取得]オプションを選択します。

    [データを取得] 機能を使用して、フィールドテーブル、および構造フォーマットで利用できる BAPI 結果を取得できます。取得に使用するフォーマットに従って、テーブル関数構造メモリ変数、および CSV に取得した値を保存することができます。

    表 1. 次のオプションが [データを取得] に使用できます。
    オプション サブオプション
    フィールド テーブル

    関数

    構造
    テーブル メモリ

    変数

    CSV
    構造 メモリ

    変数

    CSV
    GetFrom セクションで選択したオプションに基づき、関連するオプションが表示されます。
  6. [Set Data] オプションを選択して、入力値を BAPI 関数にポストします。
    入力パラメーターは、SAP 内のフィールドテーブル構造の形式で保存できます。
    次のオプションが選択できます。
    • フィールド
      • テーブル
      • 関数
      • 構造
    • テーブル: フィールドにテーブル エイリアス名を指定します。
    • 構造: フィールドに構造エイリアス名を指定します。
  7. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る