Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

接続コマンドの使用

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

接続コマンドの使用

接続コマンドを使用して、SAP システムへの接続を確立します。企業で使用されている接続タイプに基づき、カスタム アプリケーション サーバーまたはグループ/サーバー選択タイプを使用して接続を確立します。

前提条件

「SAP で BAPI を使用してタスクを自動化する」に記載されている、すべての要件を満たすことを確認します。

SAP システムに接続するには、次の手順に従います。

手順

  1. SAP 統合コマンド ノードを展開し、[接続] コマンドをダブルクリックします。
    [SAP 統合] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [セッション名] フィールドにセッション名を入力します。
  3. [接続タイプ] リストからオプションを選択し、使用する接続タイプを指定します。
    次のオプションが利用できます。
    • カスタム アプリケーション サーバー
    • グループ/サーバーを選択
  4. 次のフィールドに詳細を入力します。
    • アプリケーション サーバー ホスト
    • Client
    • ユーザー名
    • パスワード
    • システム番号
    • 言語
    • システム ID
    • SAP ルーター文字列
    • ゲートウェイ ホスト
    • ログオン グループ
    注: ゲートウェイ ホストログオン グループのオプションは、グループ/サーバー選択の接続タイプに使用できます。
  5. 接続をテストするには [接続をテスト] をクリックし、[保存] をクリックします。
    指定の SAP システムに接続するためのコマンドが、ワークベンチに追加されます。
フィードバックを送る