Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Citrix ビューアーを使用してタスクを自動化する

  • 更新済み: 5/14/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Citrix ビューアーを使用してタスクを自動化する

Citrix ビューアーを使用すると、タスクを自動化するために実行したすべてのアクションを記録できます。

前提条件

Citrix オートメーション に記載されている、すべての要件を満たすことを確認します。

このタスクを使用すると、Citrix ビューアーを使用してタスクを自動化できます。

手順

  1. セッション マネージャーを使用して、Citrix オートメーション ビューアーを開きます。「セッション マネージャーを使用する」をご覧ください。
  2. ウィンドウ タイトル リストからアプリケーション ウィンドウ名を選択して、ウィンドウをアクティブにします。リストのアプリケーション ウィンドウ名は、アプリケーションが開いている場合のみ利用できます。
    注: タイトルを持たないウィンドウは、'Window1'、'Window2' などと表示されます。
    または、

    アクションを実行するアプリケーションを開きます。

  3. [記録] をクリックし、記録するためのアクションを実行します。
  4. 必要なアクションの記録の完了後に、[停止] をクリックします。
    システムは、アクション リスト セクションで実行したアクションを追加します。アクション リストは、次のタイプに分類される場合があります。
    • クリック: この Action type は、左クリック、右クリック、ダブルクリック アクションを表します。
    • タイプ: この Action type は、テキストを挿入するために実行したアクションを表します。
    • テキストを取得: この Action type は、テキストを抽出するために実行したアクションを表します。
    • 待機: この Action type は、遅延を挿入するために実行したアクションを表します。
  5. アクションリスト セクションからアクションを選択し、削除 (削除アイコン - 赤い円と白い線) アイコンをクリックすると、そのアクションを削除できます。
  6. [保存] をクリックします。
    記録されたアクションは、ワークベンチに個別のコマンドとして保存されます。
フィードバックを送る