Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

SNMP コマンド

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

SNMP コマンド

SNMP コマンドを使用してネットワークの管理を自動化します。

概要

Simple Network Management Protocol (SNMP) は、1 台以上のコンピューターのネットワーク管理コンポーネントや、複数のネットワーク デバイス上の管理されたコンポーネントを特定するために使用されます。

Automation Anywhere SNMP コマンドは、強力なネットワーク管理を提供します。このコマンドを使用すると、 SNMP エージェント ソフトウェアで設定されたネットワーク デバイスを簡単にモニタリングできます。サーバー、ワークステーション、プリンター、ルーター、ブリッジ、ハブなどのネットワーク デバイスや、Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) または Windows インターネット ネーム サービス (WINS) などのサービスをモニタリングできます。

取得
SNMP エージェントからデータを取得し、戻り値を変数に割り当てます。
Get Next
管理オブジェクトの階層全体を参照し、戻り値を変数に割り当てます。
Set
SNMP エージェントのデータを変更します。
[値型][設定値] を入力します。
Walk
SNMP Get Next リクエストを使用して管理値のサブツリーを取得します。
[ウォーク タイプ] を指定します。
  • Within: 指定された OID 下のサブツリー内のすべての変数が照会されます。
  • All: 指定されたツリー タイプの構造に対し、指定された OID と等しい変数が表示されます。
Send Trap
SNMP エージェントから SNMP マネージャーにトラップ メッセージを送信します。これらのメッセージは、システムの再起動など、特定のイベントが発生した際に SNMP エージェントから送信されます。
[トラップ タイプ] を指定:
  • コールド スタート: SNMP エージェントが構成テーブルを初期化したときに発生します。
  • ウォーム スタート: SNMP エージェントが構成テーブルを再度初期化したときに発生します。
  • リンク ダウン: SNMP エージェントのネットワーク アダプターの状態が、アップからダウンへと変化したときに発生します。
  • リンク アップ: SNMP エージェントのネットワーク アダプターの状態が、ダウンからアップへと変化したときに発生します。
  • 認証の失敗: SNMP エージェントが、SNMP マネージャから無効なコミュニティ名のメッセージを受信したときに発生します。
  • EGP ネイバー ロス: SNMP エージェントが、外部ゲートウェイ プロトコル (EGP) のピアと通信できないときに発生します。
  • エンタープライズ固有: システムに特定のエラー条件とエラー コードが定義されている場合に発生します。ユーザーは、このオプションではトラップ別番号を提供する必要があります。
フィードバックを送る