Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

TaskBot または MetaBot ロジック間でセッションを共有

  • 更新済み: 9/16/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

TaskBot または MetaBot ロジック間でセッションを共有

[セッションを共有] オプションは、セッションの共有を確実に実現できるよう設計されています。ターミナル エミュレーター コマンドの [セッションを共有] オプションを使用すると、同時に発生している TaskBot または MetaBot ロジックとの間でアプリケーションの正確な状態を受け渡しできます。

反復コマンドを使用する複数のタスクを同時実行するシナリオを想定します。たとえば、異なるタスクから同じアプリケーションに 1 回以上接続するとします。[セッションを共有] オプションは、単一タスクを使用してこれを実現します。そのため、長期的にオートメーション化ロジックの最適化に役立ちます。

セッションを共有する方法

セッションを共有 という共通のスレッドで接続された TaskBot または MetaBot ロジックの階層を作成することができます。

  • [セッションを共有] オプションを有効にするか選択し、[タスク実行] コマンドを使用して、アプリケーションに接続する メイン タスク を作成します。
  • 必要なデータや情報を取得する他の サブ タスク を呼び出します。

実際には、サブ タスクでアプリケーション (この場合は端末) から切断する必要はありません。アプリケーションの正確な状態をメイン タスクとサブ タスクとの間で受け渡しするだけです。巨大な TaskBot または MetaBot ロジックから、接続と切断のコマンドの繰り返しを削減できます。そのため、同じ結果をより迅速に達成できるようになります。

例: セッションを共有して、メインフレーム端末にインストールされたアプリケーションからデータにアクセスしてデータを取得する

次に、[セッションを共有] オプションに関する架空の例を挙げます。

さまざまなアプリケーションがインストールされているメインフレーム端末にアクセスできるとします。通常は、端末に接続するには個別のセッションを使用して各アプリケーションにアクセスします。したがって、各 TaskBot または MetaBot ロジックは、接続と接続解除 (以前のデータ セッションをクリアするため) などのコマンドの繰り返しで構成されています。

[セッションを共有] を使用することで、TaskBot または MetaBot ロジックの間で既存のセッション状態を共有できます。

  1. 他の サブ タスク (たとえば TE_BMIS および TE_CMIS) を呼び出す、メイン タスク (たとえば TE_Share_Main) を作成します。これらのサブ タスクは、さまざまなアプリケーションから必要なデータや情報を取得します。
  2. 「TE_Share_Main」 のメイン タスクで、ターミナル エミュレーター[接続] サブコマンドを使用してメインフレーム端末に接続します。
  3. [セッションを共有] オプションを有効にします。
  4. 「TE_BMIS」 のサブ タスクを呼び出すために、[タスク実行] コマンドを含めます。このタスクで [テキストを送信][フィールドを設定] などのサブコマンドのセットを使用していることを確認してください。
    注: [セッションを共有] が有効になっているため、BMIS アプリケーションは 「TE_Share_Main」 のメイン タスクで接続されている同じ端末で開始されます。
  5. 必要な情報を取得するには、[テキストを取得] コマンドと [フィールドを取得] コマンドを使用します。
  6. 端末を元の状態に復元するには、[テキストを送信] コマンドを使用します。

    サブ タスクはここで終了し、制御がメイン タスクに渡されます。

  7. 次の 「TE_CMIS」のサブ タスクでも同様の手順を使用します。[セッションを共有] オプションで接続し、[テキストを送信] および [フィールドを設定] のサブコマンドのセットを使用し、[テキストを取得] および [フィールドを取得] のサブコマンドのセットを使用して必要な情報を取得します。
  8. [テキストを送信] コマンドを使用して、メイン タスクに戻って端末を元の状態に戻します。
  9. 必要な数のサブ タスクを作成し、[セッションを共有] オプションを使用してメイン タスクに戻ります。
  10. [接続解除] サブコマンドを追加して、メイン タスクでセッションを終了します。
フィードバックを送る