Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

作業項目の結果を設定コマンド

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

作業項目の結果を設定コマンド

このコマンドは、[作業項目を挿入] コマンドを使用して追加されたワークロード オートメーションの結果を表示するために使用します。

前提条件

ワークロード コマンド を使用するための必要条件をまだ確認していない場合は、確認します。

[作業項目の結果を設定] コマンドとシステム変数 「$WorkItemResult$」を組み合わせることで、作業項目の出力または結果を表示してさらに処理することができます。たとえば、後で参照できるように結果をファイルに記録することや、チャット アプリケーションまたは Chatbot を介して顧客と共有できます。

手順

  1. [作業項目の結果を設定] をダブルクリックするか、[タスク アクション リスト] ウィンドウにドラッグします。
    [ワークロード] ウィンドウが開き、ユーザーが参加者権限を付与されているキューが一覧表示されます。
    このコマンドは、追加しようとする Botキュー カテゴリとリンクされている場合のみ使用できます。
  2. 変数を挿入するには、F2 キーを押します。
  3. システム変数「$WorkItemResult$」を選択すると、コマンド ウィンドウに追加されます。
  4. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る