Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

セッション マネージャー

  • 更新済み: 4/21/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

セッション マネージャー

セッション マネージャーを使用すると、タスクを自動化するための新規または既存の Citrix セッションに接続できます。

セッションには、タスクで使用するアプリケーション、ファイル、ナビゲーション、その他のエンティティに関する情報が保管されます。またセッションでは、現在のタスクの実行中に、現在のタスクのエンティティが他のタスクで使用されないようにします。Enterprise Client は、Bot 開発者が Connect コマンドを使用して新しいセッションを作成、ならびに既存の Citrix セッションを使用できるようにします。

同じセッション名を使用して、以前にキャプチャしたアクションを更新、あるいは新しいアクションを追加します。たとえば、セッション名に「従業員情報の抽出」を使用してアクションをキャプチャし、新しい従業員に関する情報を abc.csv ファイルに追加します。同じセッション名を使用してアクションを追加し、abc.csv ファイルから従業員の住所情報を抽出します。

フィードバックを送る