Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスクを実行コマンド

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

タスクを実行コマンド

[タスクを実行] コマンドを使用すると、複数のタスクを 1 つのマスター タスクにネストできます。

[タスクを実行] コマンドを使用すると、1 つの大きなタスク内から複数の小さなタスクを実行できます。これは、いくつかのタスクを単一のマスター タスクに埋め込んでから、マスター タスクのスケジュール設定によって行われます。これは、タスクのネストと呼ばれます。

[タスクを実行] コマンドは、タスク コマンドの下にあるサブコマンドです。タスクを展開してサブコマンドを表示します。

フィードバックを送る